2015年05月12日

放射線室の旋風F

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


7.撮影範囲

「金具が駄目!」というのは、写真に写るから駄目なのです。例えばTシャツの胸ポケットにコインを入れて胸部撮影をしたとします。コインに対するエックス線の透過率は、ほとんどゼロですから、出来上がりの写真を見ると、コインの部分だけ真っ白になります。そうすると、その部分だけ肺の情報が全くありません。分かりますよね。日焼けの話と同じことなのです。

 他の例を挙げると、手首の写真を撮る時に時計を付けているのは駄目ですし、頭部の写真を撮る時にヘルメットを被っていては駄目です。しかし、逆ならば何も問題ありません。手首の時のヘルメットは写真に影響ないですし、頭部の時の時計も全く問題がありません。


 つまり「写真の撮影範囲にある金具は駄目!」ということが正解なのです。これが「放射線イコール金具は駄目」ということが、ある意味で正しく、ある意味で間違いでもある所以です。撮影範囲外に金具があったとしても、写真には全く問題がないですからね。何にも影響はありませんので、覚えておいてください。結局「服を脱ぐ」ことと「金具を外す」ことは同じ意味合いとなります。(写真の撮影範囲は、撮影の際に技師が体の該当部分に光を当て範囲を調整しております。その光が当たっている部分が、最終的に撮影範囲となります。そこに金具がなければOKです。)

担当の放射線技師の言い方が悪いことも考えられますね。ただ単に「金具は外してください」と言われれば、そりゃ身に付けている金具を全て外すでしょうから。ネックレス、金具の付いた下着等、具体的にお話するように心掛けていきたいと思います。


 また、金具ばかりでなく撮影範囲にあるシップ、カイロも駄目です。長い髪もいけません。胸部の検査時は、長い髪は頭の上の方で「お団子」にしていただくと助かります。理由はもうお分かりですよね。(続く)


撮影範囲A.jpg   撮影範囲@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:20 | めぐみだより

2015年05月11日

或る日の出来事

先日退院された患者さま。いつも私達に気を使ってくださる上品な女性でした。自宅から近い病院で加療するため、退院されることになりました。早くにお知らせすると、混乱されるかも知れないと思い、当日になって退院の件をお話しました。すると、「ここに居たい、ここがいい。退院したくない。」と仰って、泣きながら私の手を握られました。


天気の良い日には、車椅子で病院の敷地内を散歩したり、レクレーションに一緒に参加したり、時間を見つけては、よくお話しをしました。散歩をしながら“つわ”の料理の仕方や、指が真っ黒になること等、教えて頂きました。自宅の近くの病院に転院することは、ご家族の希望であり、患者さまにとっても良いことだと思います。「ここに居たい、ここがいい。退院したくない。」と泣きながら私の手を握られた時は、寂しい反面、こんなにも思って頂いていたことに感謝すると同時に、嬉しくもありました。


これからも、「この病院で良かった、ここに居たい。」と思って頂けるような病棟作りをしていきます。


1病棟ブログ写真.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:02 | めぐみだより

2015年05月08日

放射線室の旋風E

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


6.金具を外す・・・ドリフ大爆発!


 「服を脱いでください」の後、「ネックレス等、金具を外してください」とも言われるかと思います。では、何故そうしなければならないか。これも答えは簡単、写真に写るからです。もう一度言います。写真に写るからなのです!!


 一般の方、あるいは医療従事者でも「放射線イコ−ル金具は駄目」という考えの持ち主があまりにも多いのです。本当に多いです。それはある意味で合っていますが、ある意味では間違っています。「え?何で間違いなの?」と思ってしまいますよね?

 ある時、胸部エックス線の写真撮影の際、その方は自ら眼鏡を外されました。「眼鏡は、かけててよろしいですよ」と言うと、「金具は、駄目なんじゃないの?」とおっしゃいました・・・・

 またある時、別の方は撮影の際、自ら時計を外されました。「時計は、はめててよろしいですよ」と言った後、私は「どうして外されたのですか??」と逆に質問してみました。すると「ただ単に、レントゲンの時、金具は駄目だと思って外しました」とおっしゃいます。この文章を御覧になっている皆さんも、この方々と同じ考えでしょうか?

眼鏡.jpg    yjimage時計.jpg


ここでハッキリさせたいこと、覚えて欲しいことは、金具とエックス線で化学反応なんかは起こりませんし、何らかの危険な影響も出ません。また、爆発もしません。眼鏡や時計を付けて写真を撮ったところで、ドリフの爆発頭のようなオチにはなりませんwww。 

皆さん本当に何を持って駄目だと思っていらっしゃるのか?。きっと誰に聞いても明確に答えられる方はいないと思います。ただ単に、金具は駄目だと思っていらっしゃるだけですよね?しかし、エックス線の撮影室をよくご覧ください。金具だらけですよ。もし金具と放射線で化学反応か何かが起こるのならば、時計を外したところでほとんど無意味でしょう。ただ個人的には、ドリフの爆発頭を経験してみたい気持ちも・・・ww(続く)


ドリフ.jpg   爆発.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:28 | めぐみだより

2015年05月07日

1、2、三枝

色とりどりのサツキやツツジが咲き競う季節となりました。

リビングから覗く庭には、照りかえる日差しが眩しく輝いています。


ショートステイ和光では、ご利用者様にとって、安全安楽に過ごして頂けることを目標に支援しております。

ご利用者様の能力に応じ、自立した日常生活ができるよう、また、日常の身の回りのことが楽しく行えるよう工夫を凝らしています。


例えばトイレまでの移動に、掛け声を工夫したりしています。

職員が「1、2」と言うと、ご利用者様は「3、4」 と返されます。

さらに、職員が「かつら(桂)」と言うと、それに答えて「3、4(三枝)」とゆかいな号令が返って来ます。

(桂 三枝さんは、現在、六代 桂 文枝となられましたが・・・)

自然と笑みがこぼれ、トイレまでの移動も楽しい活動の一環となっています。


日常生活そのものが、リハビリテーションであることを意識して、これからも支援して参りたいと思います。


和光h27.5.7.JPG


ショートステイ和光の中庭

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:06 | めぐみだより

2015年05月01日

食事療養室だより「こどもの日」

こんにちは、食事療養室です。


5月5日は、こどもの日ですね。

子どもの日.png  こどものひ.png

  

食事療養室では、一足先に今日、こどもの日の行事食を提供しました。


こどもの日行事食・.JPG


チキンプレート

プレーンオムレツ

フレンチサラダ

オニオンスープ

クレープ


(作業中の風景)

配膳風景.JPG 配膳風景 (2).JPG

  

愛情込め込め♡ 丹精込めて作りました(*^^*)


次回の行事食は、七夕です。

楽しみにしていてください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:06 | めぐみだより