2015年04月22日

「ひょっとこ踊り」

皆さんは、「ひょっとこ踊り」をご存じでしょうか?、

全国的には、宮崎県日向市の「ひょっとこ夏祭り」が有名だそうです。

赤い着物に白いふんどしを着け、豆絞りの手ぬぐいをかぶり、変てこな顔のお面をつけ、滑稽な踊りをひょっとこ踊りといいます。

「テンテケテン テンテケテン」という鐘、太鼓の軽快なリズムと笛の音は、一度聞いたら忘れられない響きで、これに合わせて腰を振るひょっとこ踊りはひょうきんで思わず笑ってしまうユーモアたっぷりな踊りです。

皆さんも習得してみてはいかがでしょうか?(腰痛には要注意)


ひょっとこ@.JPG ひょっとこA.JPG


2人の可愛いひょっとこさんが、ボランティアで時々、当院を訪問してくれています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:21 | めぐみだより

2015年04月21日

放射線室の旋風D

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


 5.シャツと革ジャン


前回までのお話で、何故「服を脱ぐ」必要があるのかご理解頂けたと思いますが、もう少し補足させていただきますと、服も物質・物体である以上、エックス線の透過率は100%ではありません。ということは、写真に写るのです。各臓器の本来の透過率に服の透過率が加わった写真ができてしまいます。服に文字が書かれている場合、写真にその文字が写っていたりもします(その文字自体の材質が、透過率が低かったりする。)。服のシワも分かります(シワになるということは、服の生地が二重三重になっていることなので、透過率が変わり、写真に写ります。)。こんな写真では、良い診断ができないですよね。

では、どんな格好が良いのかといえば、誤解を恐れずに言えば、もちろん何も邪魔されずに、自分の体の純粋なエックス線に対する透過率だけでできている写真です。つまり上半身裸です。これにより最高の写真ができることはご理解頂けると思います。一昔前までは、男女共その状態で撮影されていたそうですよ。私もビックリしました。しかし、いくら最高の写真のためとはいえ、裸はちょっと・・・ということで現在では、男性は下着(薄いシャツ)一枚、女性は薄い検査着一枚を着てもらっております。「薄い」というのは、透過率が高いということです。同じ一枚でも革ジャン一枚では、透過率が低くてまともな写真になりません。


胸の撮影で、服を脱ぐ・下着(シャツ)や検査着一枚というのは、こういう意味だったのです。(続く)


革ジャン.jpg  Tシャツ.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:31 | めぐみだより

2015年04月20日

グループホーム安居だより「日向ぼっこ」

4月になってから桜も散ってしまいましたが、少しずつ暖かい日が増えてまいりました。

グループホーム安居では、天気の良い日に中庭で日向ぼっこをしたり、テーブルを囲んでお茶を飲んだりと楽しい時間を過ごしています。

2.JPG


夏に向けて、日除けの緑のカーテンを作るため、ご入居者様と協力して苗を植えました。大きく育つのを楽しみに待ちたいと思います。

3.JPG


去年収穫したひょうたんに、ご入居者様がニスを塗り、各部屋の名札代わりに吊るして、風情を味わいました。

4.JPG


グループホーム安居では、これからも皆様の暮らしぶりを定期的に、お届けして行きます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:39 | めぐみだより

2015年04月17日

放射線室の旋風C

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


 4.影絵


さて、話をエックス線撮影に戻しましょう。といっても、前回の日焼けの話の続きのようなものです。日焼けでの肌に相当するものが、エックス線フィルムであり、鉄板やプラスチックに相当するものが、各臓器や骨です。

エックス線フィルムはもちろんエックス線に反応し、エックス線が当たると黒くなります。そして先程の鉄板・プラスチックと同じように、例えばこれは仮の数値ですが、骨を5%、肺を90%、肝臓を20%、心臓を30%のエックス線が通ることとします。この何%かの光やエックス線が通る割合のことを透過率といいます。

エックス線フィルムの上に寝転がることを想像してみましょう。こうすることにより、フィルムの上に肺や肝臓その他諸々を置いたことになります。難しく考えないでくださいね。日焼けの話と何ら変わりません。自ら鉄板やプラスチックになっただけです。そこに上からエックス線を当てます。するとどうでしょう。各臓器の様々な透過率の違いから、皆さんの知っているあのエックス線写真が出来上がります。割と簡単な原理ですよね!?

ですから、エックス線写真というのは、影絵なのです。単なる白と黒だけではなく、色んな段階の濃度を持つ影絵です。皆さんが持っているカメラで撮る写真とは、その原理が異なりますが・・・。


yjimage.jpg yjimageT49DROBY.jpg yjimage352N00WJ.jpg

  

前置きが長くなってしまいました。ここまでの話を理解されたなら、何故「服を脱ぐ」必要があるのかご理解頂けたかと思います。(続く)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:54 | めぐみだより

2015年04月16日

食事療養室だより「甘茶」

こんにちは、食事療養室です。

4月12日の花まつりの日の行事食をご紹介します。

 花まつり行事食.JPG

ピースご飯

かき玉汁

三つ葉と海老のかき揚げ

菜の花の昆布和え

バナナ

ジョア


食事療養室では、甘茶も提供させて頂きました。

甘茶とは・・・

お釈迦様が誕生された日、九匹の龍がそれを喜び、甘露の雨を降り注いだという言い伝えから、甘茶をお釈迦様にかける、また飲むようになったといわれています。

お釈迦様と甘茶.JPG


とても好評で、私も初めて頂きましたが、砂糖が全く入っていないのに、とても甘〜いお茶でした。茶葉から抽出される自然な甘みが、砂糖水のような甘さだったので驚きました!!

低カロリーですし、糖尿病の方も安心して飲んで頂けます。

甘茶を飲む人.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:07 | めぐみだより