2015年04月15日

「世界がもし100人の村だったら」

久しぶりにこの本を開きました。ご存じの方も多いと思います。

以下、本文から英語対訳を除く日本語全文を記します。


「中学校に通う長女の担任は 生徒たちに、毎日メールで学級通信を送ってくださるすてきな先生です。そのなかに、とても感動したメールがあったのでみなさんにも送ります。少し長くてごめんなさい。

今朝、目が覚めたとき あなたは今日という日にわくわくしましたか?

今夜、眠るとき あなたは今日という日にとっくりと満足できそうですか?

今いるところが、こよなく大切だと思いますか?


すぐに『はい、もちろん』といえなかったあなたにこのメールを贈ります。

これを読んだら まわりがすこし違ってみえるかもしれません。


世界には63億人の人がいますが

もしそれを100人の村に縮めるとどうなるでしょう?


100人のうち52人が女性です 48人が男性です

30人が子どもで70人が大人です

そのうち7人がお年寄りです


90人が異性愛者で 10人が同性愛者です

70人が有色人種で 30人が白人です

61人がアジア人です 13人がアフリカ人 13人が南北アメリカ人

12人がヨーロッパ人 あとは南太平洋地域の人です


33人がキリスト教  19人がイスラム教

13人がヒンドゥー教  6人が仏教を信じています

5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています

24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているか あるいはなにも信じていません


17人は中国語をしゃべり 9人は英語を 8人はヒンディー語とウルドゥー語を

6人はスペイン語を 6人はロシア語を 4人はアラビア語をしゃべります

これでようやく、村人の半分です

あと半分は ベンガル語、ポルトガル語 インドネシア語、日本語

ドイツ語、フランス語などをしゃべります


いろいろな人がいるこの村では あなたとは違う人を理解すること

相手をあるがままに受け入れること

そしてなにより そういうことを知ることがとても大切です


また、こんなふうにも考えてみてください

村に住む人びとの100人のうち 20人は栄養がじゅうぶんではなく

1人は死にそうなほどです でも15人は太り過ぎです


すべての富のうち 6人が59%をもっていて みんなアメリカ合衆国の人です

74人が39%を 20人が、たったの2%を分けあっています


すべてのエネルギーのうち 20人が80%を使い 80人が20%を分けあっています


75人は食べ物の蓄えがあり 雨露をしのぐところがあります

でも、あとの25人はそうではありません 17人は、きれいで安全な水を飲めません


銀行に貯金があり 財布にお金があり 家のどこかに小銭が転がっている人は

いちばん豊かな8人のうちの1人です


自分の車をもっている人は 7人のうちの1人です


村人のうち1人が大学の教育を受け 2人がコンピューターをもっています

けれど、14人は文字が読めません


もしもあなたが いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに 信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら そうではない48人より恵まれています


もしもあなたが 空爆や襲撃や地雷による殺戮や

武装集団のレイプや拉致におびえていなければ そうでない20人より恵まれています


1年の間に、村では1人が亡くなります

でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので来年、村人は101人になります


もしもこのメールを読めたなら、この瞬間、あなたの幸せは2倍にも3倍にもなります

なぜならあなたには あなたのことを思ってこれを送った誰かがいるだけでなく

文字もよめるからです


けれどなにより あなたは生きているからです


昔の人は言いました 巡り往くもの、また巡り還る、と


だからあなたは、深ぶかと歌ってください

のびやかに踊ってください 心をこめて生きてください

たとえあなたが、傷ついていても 傷ついたことなどないかのように愛してください


まずあなたが 愛してください

あなた自身と、人がこの村に生きてある ということを


もしもたくさんのわたし・たちが この村を愛することを知ったなら

まだ間にあいます 人びとを引き裂いている非道な力から この村を救えます

きっと」


この文章は、もともと一通のメールから始まり、受け取った人からまた次の人へと、多くの人にシェアされる過程で加筆を重ねたものだそうです。

あらためて、私たちは恵まれていると感じます。そして、100人の村人一人ひとりのしあわせを祈らずにはいられません。


100人の村.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:13 | めぐみだより

2015年04月14日

花まつり

 当院では、年1回、4月8日前後の日曜日に、お釈迦様の誕生をお祝いして「花まつり」を開催しています。今年は、一昨日(4月12日)に実施しました。今回で第15回を数えますが、当日は天候にも恵まれ、院外からも患者様やデイケアご利用者様等のご家族様、関係者様および地域の方々など、たくさんのご参加を頂きました。ありがとうございました。

花まつり@.JPG

第15回花まつり

花まつりA.JPG

花御堂

花まつりB.JPG

野点  

  

 メイン会場の「聖恵ホール」では、まじめなお話から歌や踊り、はては漫談やちんどん屋さんまで様々な出し物があり、参加された皆さんも神妙な面持ちで聞き入ったり、一緒に歌ったり、笑ったりの大忙しで大盛り上がりの約2時間でした。お開き後は、皆さん「おもしろかったね。」、「今から来年が待ち遠しいねー。」と口々におっしゃっておられました。


 それでは、聖恵ホール内での様子を少しだけですが、ご紹介したいと思います。

どうぞご覧ください。

花まつりC.JPG

「法話」:来迎寺・本原上人・・・日頃はあまり聞けないお話に、皆さん盛んにうなずかれていました。

花まつりD.JPG

「琴の演奏」:ボランティア 糸の会の皆様・・・素敵な音色に、皆さんうっとりと聴きいっておられました。


花まつりE.JPG

「めぐみの学舎 特別授業」:聖恵小路るみ麿&斉藤くん・・・何だかふっきれた様子の「るみ麿」さんの漫談に皆さん大笑い。最後は歌で締めました。(ギター伴奏は斉藤くん)


花まつりF.JPG

「ひょっとこ踊り」:職員のお子さん 大雅くんと大和くん兄弟・・・今年、初参加でしたが、物おじしない愉快な踊りっぷりに会場は、大爆笑でした。


花まつりG.JPG

「ちんどん屋さん」:アダチ宣伝社の皆さん・・・毎年恒例のちんどん屋さんです。場の盛り上げ方は流石です。皆さんは大受けで、笑いの渦が巻き起こりました。


はなはだ簡単ではありますが、当日の様子をご紹介いたしました。

このブログをご覧の皆様も、来年の第16回花まつりには、ぜひご来院ください。

職員一同、心よりお待ち申し上げております。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:43 | めぐみだより

2015年04月13日

園芸

 4月も上旬が過ぎようとしていますが、めぐみ病棟では現在、患者様の治療の一環として、園芸活動に取り組んでおります。

 園芸を行なうことによって、精神の賦活化や、気分転換によるストレスの発散等、認知症やうつ病を含む様々な精神疾患の改善に効果が期待できるからです。又、楽しんで行えるのも理由の一つです。


3月には『ブロッコリー』や『イチゴ』の収穫を行なうことが出来、皆さんで植えた『チューリップ』も元気に花を咲かしてくれました。特に『チューリップ』は患者様が毎日のように見て、非常に楽しまれていました。


田村@.JPG


田村A.JPG


そして、4月は、夏野菜を患者様と一緒に植える事にしました。

植えた野菜は『なずび』『キュウリ』『カボチャ』『トマト』『ゴーヤ』『トウモロコシ』『メロン』『スイカ』です。

(写真は、上)トウモロコシ 下)がカボチャです。)


田村B.JPG


田村C.JPG


少し欲張って、たくさん植えたので、お世話が大変ですが、患者様と一緒に収穫を楽しみに活動していきたいと思います。

皆さんもぜひ【健康の為の園芸】を行ってみてはいかがでしょうか!!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:56 | めぐみだより

2015年04月10日

放射線室の旋風 B

3.日焼け


真夏の太陽が照りつける暑い日に、肌を焼き日焼けをすることを想像してみてください。数時間もすれば肌が真っ赤になるであろうことはお分かり頂けますよね。今度は始めに腕の上に小さな鉄板を置いて、腕を日焼けさせてみましょう。どんな結果になるのか、想像つきますよね。そう、鉄板を置いた部分は日焼けせず白いままで、他の部分は、真っ赤になるはずです。鉄板を置いていた部分には日光が届かず、日焼けしなかったということです。お分かりですよね。

今度は、腕の上に透明なプラスチックの小さな板を置いてみます。これだと多少は、肌に日光が到達しそうですよね。仮にこのプラスチックは50%の光を通すものとします。もちろん鉄板は0%です。では腕に鉄板とプラスチックの板を置いて、日焼けさせますよ(変な想像させていますねww)。この結果も容易に想像できると思います。何も置かない真っ赤な部分を100、鉄板を置いて焼けていない透き通るような白い肌(この辺りはかなり主観が入ります)の部分を0とするならば、プラスチックを置いた部分は50程度の朱色に焼けているはずです。

さらに進みます。25%のものと75%の光を通すプラスチックも置いてみましょう。これらを光が通る順番に並べると、綺麗なグラデュエーションの焼けた腕ができあがりそうです。簡単にいうと、この日焼けの話もエックス線撮影と同じ原理です。  (続く)


日焼け1.jpg 日焼け2.jpg 日焼け3.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:34 | めぐみだより

2015年04月09日

放射線室の旋風 A

2.服を脱ぐ・・・日光写真


 胸部等の検査で撮影室に入ると、服を脱ぐように言われますよね。男性は上半身シャツ一枚になり、女性は原則、下着を含めて上半身は全て脱いで頂いたあと、検査着を着てもらいます。

 では何故、服を脱いでもらうのか。言うまでもないですね。答えは簡単、写真に写るからです。


 これに関しては、私なりの考え方があります。

皆さんは日光写真というものをご存知ですか?少なくとも40代以上の方は、お分かりだと思うのですが・・・。 その昔、雑誌の付録なんかによく付いていました。よく遊んだものです。

これには、日光に反応するフィルム、透明な下地に黒色で絵が描かれたセロハン、そして日光が必要です。晴れた日にフィルムにセロハンを密着させて数時間放置する!これだけですww  数時間後、フィルムには紫色の絵が浮かび上がっています。

フィルムの日光が当たった部分は紫色になり、セロハンの黒い部分の日光が当たらなかったところは、何も変化が起こりません。この明暗により絵が形成されます。簡単にいうとエックス線撮影もこれと一緒なのです。

日光写真を知らないので、どうしてもイメ-ジが湧かないという方のために、もうひとつ違った例を挙げましょう。     (続く)


放射線@.jpg                             

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:54 | めぐみだより