2015年04月21日

放射線室の旋風D

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


 5.シャツと革ジャン


前回までのお話で、何故「服を脱ぐ」必要があるのかご理解頂けたと思いますが、もう少し補足させていただきますと、服も物質・物体である以上、エックス線の透過率は100%ではありません。ということは、写真に写るのです。各臓器の本来の透過率に服の透過率が加わった写真ができてしまいます。服に文字が書かれている場合、写真にその文字が写っていたりもします(その文字自体の材質が、透過率が低かったりする。)。服のシワも分かります(シワになるということは、服の生地が二重三重になっていることなので、透過率が変わり、写真に写ります。)。こんな写真では、良い診断ができないですよね。

では、どんな格好が良いのかといえば、誤解を恐れずに言えば、もちろん何も邪魔されずに、自分の体の純粋なエックス線に対する透過率だけでできている写真です。つまり上半身裸です。これにより最高の写真ができることはご理解頂けると思います。一昔前までは、男女共その状態で撮影されていたそうですよ。私もビックリしました。しかし、いくら最高の写真のためとはいえ、裸はちょっと・・・ということで現在では、男性は下着(薄いシャツ)一枚、女性は薄い検査着一枚を着てもらっております。「薄い」というのは、透過率が高いということです。同じ一枚でも革ジャン一枚では、透過率が低くてまともな写真になりません。


胸の撮影で、服を脱ぐ・下着(シャツ)や検査着一枚というのは、こういう意味だったのです。(続く)


革ジャン.jpg  Tシャツ.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:31 | めぐみだより

2015年04月20日

グループホーム安居だより「日向ぼっこ」

4月になってから桜も散ってしまいましたが、少しずつ暖かい日が増えてまいりました。

グループホーム安居では、天気の良い日に中庭で日向ぼっこをしたり、テーブルを囲んでお茶を飲んだりと楽しい時間を過ごしています。

2.JPG


夏に向けて、日除けの緑のカーテンを作るため、ご入居者様と協力して苗を植えました。大きく育つのを楽しみに待ちたいと思います。

3.JPG


去年収穫したひょうたんに、ご入居者様がニスを塗り、各部屋の名札代わりに吊るして、風情を味わいました。

4.JPG


グループホーム安居では、これからも皆様の暮らしぶりを定期的に、お届けして行きます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:39 | めぐみだより

2015年04月17日

放射線室の旋風C

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


 4.影絵


さて、話をエックス線撮影に戻しましょう。といっても、前回の日焼けの話の続きのようなものです。日焼けでの肌に相当するものが、エックス線フィルムであり、鉄板やプラスチックに相当するものが、各臓器や骨です。

エックス線フィルムはもちろんエックス線に反応し、エックス線が当たると黒くなります。そして先程の鉄板・プラスチックと同じように、例えばこれは仮の数値ですが、骨を5%、肺を90%、肝臓を20%、心臓を30%のエックス線が通ることとします。この何%かの光やエックス線が通る割合のことを透過率といいます。

エックス線フィルムの上に寝転がることを想像してみましょう。こうすることにより、フィルムの上に肺や肝臓その他諸々を置いたことになります。難しく考えないでくださいね。日焼けの話と何ら変わりません。自ら鉄板やプラスチックになっただけです。そこに上からエックス線を当てます。するとどうでしょう。各臓器の様々な透過率の違いから、皆さんの知っているあのエックス線写真が出来上がります。割と簡単な原理ですよね!?

ですから、エックス線写真というのは、影絵なのです。単なる白と黒だけではなく、色んな段階の濃度を持つ影絵です。皆さんが持っているカメラで撮る写真とは、その原理が異なりますが・・・。


yjimage.jpg yjimageT49DROBY.jpg yjimage352N00WJ.jpg

  

前置きが長くなってしまいました。ここまでの話を理解されたなら、何故「服を脱ぐ」必要があるのかご理解頂けたかと思います。(続く)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:54 | めぐみだより

2015年04月16日

食事療養室だより「甘茶」

こんにちは、食事療養室です。

4月12日の花まつりの日の行事食をご紹介します。

 花まつり行事食.JPG

ピースご飯

かき玉汁

三つ葉と海老のかき揚げ

菜の花の昆布和え

バナナ

ジョア


食事療養室では、甘茶も提供させて頂きました。

甘茶とは・・・

お釈迦様が誕生された日、九匹の龍がそれを喜び、甘露の雨を降り注いだという言い伝えから、甘茶をお釈迦様にかける、また飲むようになったといわれています。

お釈迦様と甘茶.JPG


とても好評で、私も初めて頂きましたが、砂糖が全く入っていないのに、とても甘〜いお茶でした。茶葉から抽出される自然な甘みが、砂糖水のような甘さだったので驚きました!!

低カロリーですし、糖尿病の方も安心して飲んで頂けます。

甘茶を飲む人.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:07 | めぐみだより

2015年04月15日

「世界がもし100人の村だったら」

久しぶりにこの本を開きました。ご存じの方も多いと思います。

以下、本文から英語対訳を除く日本語全文を記します。


「中学校に通う長女の担任は 生徒たちに、毎日メールで学級通信を送ってくださるすてきな先生です。そのなかに、とても感動したメールがあったのでみなさんにも送ります。少し長くてごめんなさい。

今朝、目が覚めたとき あなたは今日という日にわくわくしましたか?

今夜、眠るとき あなたは今日という日にとっくりと満足できそうですか?

今いるところが、こよなく大切だと思いますか?


すぐに『はい、もちろん』といえなかったあなたにこのメールを贈ります。

これを読んだら まわりがすこし違ってみえるかもしれません。


世界には63億人の人がいますが

もしそれを100人の村に縮めるとどうなるでしょう?


100人のうち52人が女性です 48人が男性です

30人が子どもで70人が大人です

そのうち7人がお年寄りです


90人が異性愛者で 10人が同性愛者です

70人が有色人種で 30人が白人です

61人がアジア人です 13人がアフリカ人 13人が南北アメリカ人

12人がヨーロッパ人 あとは南太平洋地域の人です


33人がキリスト教  19人がイスラム教

13人がヒンドゥー教  6人が仏教を信じています

5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています

24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているか あるいはなにも信じていません


17人は中国語をしゃべり 9人は英語を 8人はヒンディー語とウルドゥー語を

6人はスペイン語を 6人はロシア語を 4人はアラビア語をしゃべります

これでようやく、村人の半分です

あと半分は ベンガル語、ポルトガル語 インドネシア語、日本語

ドイツ語、フランス語などをしゃべります


いろいろな人がいるこの村では あなたとは違う人を理解すること

相手をあるがままに受け入れること

そしてなにより そういうことを知ることがとても大切です


また、こんなふうにも考えてみてください

村に住む人びとの100人のうち 20人は栄養がじゅうぶんではなく

1人は死にそうなほどです でも15人は太り過ぎです


すべての富のうち 6人が59%をもっていて みんなアメリカ合衆国の人です

74人が39%を 20人が、たったの2%を分けあっています


すべてのエネルギーのうち 20人が80%を使い 80人が20%を分けあっています


75人は食べ物の蓄えがあり 雨露をしのぐところがあります

でも、あとの25人はそうではありません 17人は、きれいで安全な水を飲めません


銀行に貯金があり 財布にお金があり 家のどこかに小銭が転がっている人は

いちばん豊かな8人のうちの1人です


自分の車をもっている人は 7人のうちの1人です


村人のうち1人が大学の教育を受け 2人がコンピューターをもっています

けれど、14人は文字が読めません


もしもあなたが いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに 信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら そうではない48人より恵まれています


もしもあなたが 空爆や襲撃や地雷による殺戮や

武装集団のレイプや拉致におびえていなければ そうでない20人より恵まれています


1年の間に、村では1人が亡くなります

でも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので来年、村人は101人になります


もしもこのメールを読めたなら、この瞬間、あなたの幸せは2倍にも3倍にもなります

なぜならあなたには あなたのことを思ってこれを送った誰かがいるだけでなく

文字もよめるからです


けれどなにより あなたは生きているからです


昔の人は言いました 巡り往くもの、また巡り還る、と


だからあなたは、深ぶかと歌ってください

のびやかに踊ってください 心をこめて生きてください

たとえあなたが、傷ついていても 傷ついたことなどないかのように愛してください


まずあなたが 愛してください

あなた自身と、人がこの村に生きてある ということを


もしもたくさんのわたし・たちが この村を愛することを知ったなら

まだ間にあいます 人びとを引き裂いている非道な力から この村を救えます

きっと」


この文章は、もともと一通のメールから始まり、受け取った人からまた次の人へと、多くの人にシェアされる過程で加筆を重ねたものだそうです。

あらためて、私たちは恵まれていると感じます。そして、100人の村人一人ひとりのしあわせを祈らずにはいられません。


100人の村.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:13 | めぐみだより