2020年10月26日

我が家の新しい家族

職場の先輩方から縁を頂きまして、今年の春、我が家に1匹のワンちゃんが来てくれました。

1603407475755.jpg

子どもは悲しい事などがあるとワンちゃんのところに行き癒しの力をもらい、また、一緒に散歩したりと、感謝しきれないほどの幸せに触れています。

PXL_20201012_112019570.PORTRAIT-02.ORIGINAL.jpg

コロナ禍での外出自粛など耐え忍ぶ日々は続きますが、1匹のワンちゃんに助けられ、その日から今まで以上の幸せを感じる日々が続いています。

本当に我が家に来てくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。私自身も元気や幸せを与えられる、そんな存在になれますよう精進したいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:47 | めぐみだより

2020年10月23日

傑作選

病棟では、毎月、季節の物を患者様に作製していただいていますが、今回はここ最近での、傑作を紹介したいと思います。季節はすっかり秋になりましたが、6月の飾りだったカエルの親子と、8月の飾りだった花火です。


カエルの親子は、さまざまな材料で作製していただきました。

カエルは花紙を丸め貼り付けていきました。雨のしずくは、マニキュアを垂らした水の中に、透明のフィルムでマニキュアをすくい、貼り付けました。

アジサイは花紙でお花を作製した上に、絵の具で染めた障子紙を花の形に切り、貼っています。傘のシルエットを活かし、全体を円の形で仕上げました。梅雨らしく、とても可愛い物が仕上がりました。

DSC00685.JPG

次に花火です。キラキラの折り紙を穴あけパンチで穴をあけ、丸の形に切られた折り紙を、花火の下書きした上から貼っていただきました。

貼ったあと、室内の照明が花火の作品にあたり、よりキラキラして、とてもきれいでした。患者様やスタッフからも好評でした。

DSC00680.JPG


DSC00687.JPG

これら二つの作品は、クラフトのコンテストに応募しています。まだ結果は出ていませんが、入賞したらいいなととても待ち遠しいです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年10月22日

もうすぐハロウィン!

もうすぐハロウィンですね!

子供の頃には馴染みのなかったイベントですが、私の地元では地域行事として子供達のコスプレ大会が開催されます。

今年はコロナ禍ということで残念ながら、写真・動画のみの開催となるそうです。


長女は「鬼滅の刃」のキャラクターになりたいと衣装を欲しがったのですが、既製品は高いんです・・・。

手作りする!と決心してからはYouTubeにお世話になること4日間!

なんとか胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)の羽織ができあがりました。( =ω)

20201019_204118.jpg


20201019_205335.png

少しずつ完成に近づく過程も楽しく、達成感は格別です

・・・・ハロウィン。

自己満足?楽しんでいるのは私自身ですね(笑)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:26 | めぐみだより

2020年10月21日

フラリーマン日記 episode.35(オンライン研修編)

仕事関係の研修や講座を受けに行く事がありますが、3月〜4月よりコロナ禍による影響で全て中止になっていました。6月頃からオンラインで研修を再開する所もでてまいりましたが、依然として中止のままの所もございます。


私は新型コロナ渦中に入るまで、オンライン研修を受けた事がありませんでしたが、やってみると沢山の「いいね」があります。会場へ行く費用や時間がかからず、事故の心配もありません(当直明けの時等、眠たい思いをしながら運転しなくてよいのでありがたいです)。

又、東京など遠方でしか行われていなかった研修にも参加し易くなりなりました。外出先でスマホやタブレットを使った参加もできます(した事ありませんけど(笑))。


欠点は参加者同士の距離が開いてしまい、参加者個々の差もあるでしょうが、私の様な口下手は、知らない者同士の新たな交流がとりづらくなったと感じる所です(どなたかいい方法がありましたら教えて下さい)。会場型、オンライン型、一長一短がありますが、研修参加がし易くなった事に感謝です。


閑話休題。そのオンライン研修ですが、先日こんな事がありました。

その研修は講師の話を一方的に聞くスタイルではなく、受講者も発信ができ、講師も講義中に受講者に対して意見を聞いてきたり質問をしてきます。

受講者のパソコン画面に、通常は研修資料の画像が映っていますが、受講者が声を発すると声を拾ったマイクがセンサーになり、他の研修参加者の画面に発言者の顔が表示、声がスピーカーから出る様に自動的に切り替わるシステムです(受講者のカメラ、マイクはON・OFFを選択できます)。


研修が始まって間もなくの事、日頃の疲れが溜まっていたのでしょう、受講者の一人が鼾(イビキ)をかきはじめました。これが大きな鼾でして、鼾をかく度にマイクが反応して音声と共に画面に寝姿が映し出されます。講師の講義中でも、その方が鼾をかくと音声と共にパッパッっと寝姿の画面に切り替わり、受講者の皆さんは大ウケ(講師は苦笑い)。

いかんせん、オンラインですので起こす事もできず、暫くその状況で研修が行われました。


迷惑と言うより、笑いが先にたってしまい、お蔭様で?楽しい時間を過ごせましたが、肝心の研修は聞きたい所が聞けず分かりづらいものになってしまいました(悲)。

オンライン研修の弱点を一つ発見してしまいましたね(笑)。これからのオンライン研修はヒューマンファクター対策も重要になると実感した次第です。


便利なオンライン研修ですが、居眠りがバレると、相当恥ずかしい思いをする事があります。

辛抱たまらず眠い時には、コーヒーや眠気覚ましを飲みながら受講しても講師から見えません(カメラに映らなければ)。


ネットワークの落とし穴?に注意をはらいながら、オンラインのプライスレスな長所を活かし、これからも積極的に自分を磨きたいと思います。 


inemuri_png.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:15 | めぐみだより

2020年10月20日

飲酒運転

先日、運転免許の更新に行って来ました。コロナウイルス感染症拡大防止のため、空気清浄器が設置されていたり、席の間隔が空いていたり、様々な対策がされていました。


講習の中で飲酒運転について、特に力を入れて説明していたので、聞いた内容をお伝えしたいと思います。


昨年の福岡県内の飲酒運転事故発生件数は、133件で、残念なことに全国ワースト5位だったそうです。アルコールは、ビール500ml、日本酒1合程度でも分解されるまでに最低5時間かかるそうです。これは仮眠したとしても変わることなく、酔いが醒めたと思っても、体内にアルコールが残っている限り「飲酒運転」になります。


今年は、例年通りとはいかないですが、11月、12月と忘年会シーズンに入るので、気を付けるようにしたいですね。


illust3975.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:26 | めぐみだより