2020年04月27日

2年間の成長

こんにちは!僕は22歳で福岡聖恵病院に入職しました、リハビリスタッフ Nです。ありがたいことに、2年間も雇って頂き、現在24歳を迎えております。


当時から今まで、大きな怪我や病気もなく過ごすことが出来たのは、僕の体を作ってくれたコスモスやイオンモールの冷凍食品たちです。

料理をしない僕にとっては、手間をかけず美味しいおかずを食べられるし、何より洗い物がでないところが最高でした。


そんな僕が最近食べているのが、これです。コスモスの塩サバの詰め合わせ3尾セット300円くらいです。

image0.jpeg

中火で表裏3分ずつ、きつね色になるまで焼きあげれば、皮はパリッと中はジューシーな塩サバができます。なにがすごいって、洗い物を嫌っていた自分がフライパンを使うようになったという事です。

これが僕の2年間の成長でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:46 | めぐみだより

2020年04月24日

テイクアウト

みなさん、こんにちは。新型コロナウイルスの影響で、飲食業が大変そうですね。三密(密閉・密集・密接)を考えると、中々気軽には入りづらい雰囲気があります。お店側もまめに消毒したり、席と席の間隔を空けたり、ドアを開けて換気をしたりと色々と対策はされているようなのですが・・・。そこで最近は、「テイクアウト(持ち帰り)」に力を入れているお店が多いようです。私がよく行っていたお店もやっているようなので、物は試しと利用することに。


職場から家までの帰り道にある、某○さんうどん。麺類はもちろん、各種丼ぶりものからカレー、おでんにぼた餅(名物)まである素敵なお店です。私はここのカツ丼が大好きなので、今回も迷わずカツ丼を注文。出来上がりを待っていると、少ないながらもお客さんがやって来ます。皆さん、店内で飲食のようです。羨ましいなあと思いつつ、待つこと5〜6分。出来たてを受け取って、そのまま家へ。


約10分後に家に到着。自宅でいただく○さんうどんのカツ丼の味は、いかがなものか。早速、容器のふたを開けて、一口パクリ。うん、いつもの味です。まだ温かくて美味しいですね。でも、食べ進めて行くうちに、何だか奇妙な感覚に・・・。あぁそうだ、まるでホカ弁のカツ丼を食べているみたいだ。もちろん、味は美味しいんですけど、どんぶりの容器がプラスチックではねぇ・・・。やっぱり、お店のどんぶりでアツアツを食べるのが一番だなぁと思いましたが、もう少しガマンですよね。今度テイクアウトしたら、気分を変えて、家のどんぶりに移し替えて食べてみようかなと思った、今日この頃です。


yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年04月23日

暇つぶしA

皆様、こんにちは。

私は以前こちらのブログで、暇つぶしと題して書いたことがあるのですが、

今回はその第2弾として書かせて頂きます。


皆様も外出出来ない日々が続き、時間を持て余している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かく言う私も、休みの日には用事がなくても博多駅をウロウロしていたので、今はどこにも行けないストレスがたまりつつあります。家事をしたり、録画したドラマを観たり、ひと段落してしまったなぁという時に、また仕事の一環で始めた編み物が、今では良い暇つぶしになっています。


まずは初心者用の本を見ながら、書いてある毛糸や編み棒をそのまま買いに行きます。なかなか本に載っている毛糸が売ってないことも多いので、お店で注文し、毛糸が来るのを待ちます。既製品を買う方が安いし早いのでは?と思いますが、それはUFOキャッチャーと一緒で作っている時が楽しいから良いのです。ただ今、本の順番通りに編んでいまして、現在3作目。

!cid_1719cde51a067b5f7581.jpg

テレビに夢中になって、何度ほどいてやり直したことか。まだ、間違えたら途中から編み直しという高度な技は出来ないんです。でもどんどん完成していくのが面白くて、しばらくこの暇つぶしは続けていけそうです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:51 | めぐみだより

2020年04月22日

散る桜

みなさん、こんにちは。気づいたら桜もほとんど散りましたね。でも、散りゆく桜も風情があっていいものです。(掃除が大変ですが・・・)


少し前ですが、職員のM山さんが病院の桜を見ながら「散る桜 残る桜も 散る桜」とつぶやいていました。残った桜もいずれは散ってしまう。桜を命に置き換えると、人は皆死んでいくんだよ、それが世の習いだ、と何やら感慨深げでした。


ちなみに「散る桜・・・」は、かの有名な良寛和尚の辞世の句と言われています(諸説あり)私も子どもの頃、日本の偉人伝を読んで「良寛さま」の人となりや生き方に深く感銘を受けました。


名主の家に生まれながら、やさしすぎる性格ゆえ、家業が向いていないと仏門に入った話。自分も貧しいのに、更に貧しい人に食事や着物を与え、その行く末を心配する話。書家として高名だったので、どうしても書を書いてくれとお金持ちの家に連れて行かれたら、「良寛こまる」と書いて逃げ出した話(子どもには、喜んで凧に文字を書いてあげていましたが)などなど。

40年以上たった今でも覚えています。子どもたちと毬をついて遊ぶ姿が、目に浮かぶようです。


気づいたら最後は、良寛さまの話になっていましたね。そう言えば、M山さんもそのやさしい人柄が良寛さまに相通ずるものがあるなあと思った、春の一日でした。


yjimage2.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年04月21日

次女のお誕生日会

今月は、次女の10歳のお誕生日会をしました。

子供は外食を熱望していたんですが、新型コロナウイルスの影響により、自宅で行うことになりました。さすがに10歳にもなると、世の中がどんな状況なのか分かっているようで、わがままも言わず納得してくれました。


ケーキは子供の希望で、トイストーリーに出てくるエイリアンのアイスクリームケーキになりました!見た目も可愛く、美味しくて大喜びしてくれました。

!cid_171965ccab2f89e0ee91.jpg

元気にスクスク成長してくれて、親としては嬉しい限りです。

将来はアナウンサーになりたいと、大きな大きな夢をもっています。

夢が叶うよう応援したいと思います

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:26 | めぐみだより