2015年05月21日

野菜栽培日記

病院中庭の空いているスペースを利用して、入院患者さんが家庭菜園を作られました。

トウモロコシ、茄子、トマト、キュウリ、キャベツ、そしてオクラの種が植えてあります。

成長が楽しみです。

今後、定期的に育っていく様子をお知らせしていきたいと思います。お楽しみに。


DSCF1087.JPG  DSCF1088.JPG


DSCF1090.JPG  DSCF1089.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:04 | めぐみだより

2015年05月20日

話題のスポット

今話題のスポット、明治日本の産業革命遺産 「松下村塾」

お休みを利用して、見に行ってきました。世界遺産に登録されたら混み合いそうです!皆さんも見学に行ってみては、いかがですか?


幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。

天保13年(1842)に松陰の叔父である玉木文之進が自宅で私塾を開いたのが始まりで、後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継ぎ、安政4年(1857)、28歳の松陰がこれを継ぎ、主宰することになりました。


松陰は身分や階級にとらわれず塾生として受け入れ、わずか1年余りの間でしたが、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、山田顕義、品川弥二郎など、明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てました。


木造瓦葺き平屋建ての50uほどの小舎で、当初からあった8畳の一室と、後に吉田松陰が増築した4畳半一室、3畳ニ室、土間一坪、中ニ階付きの部分から成っています。講義室だった8畳の部屋には松陰の石膏像と肖像画、机が置いてあります。当時、この地域が松本村と呼ばれていたことから「松下村塾」という名がつけられました。

引用:萩市観光協会ホームページより


025.JPG   021.JPG


026.JPG  029.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:37 | めぐみだより

2015年05月19日

「白檀(びゃくだん)」

皆さんは「アロマ空間デザイン」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。人が集まる場所のニーズに合わせてアロマ(香り)で空間を演出するもので、オリジナルの香りを企業やホテル、公共施設でも利用することがあるそうです。

 福岡聖恵病院では、ロビーの観音様の前で毎日お線香が焚かれています。この香りは「白檀」です。白檀はアロマショップでは、別名サンダルウッドという名前で取り扱われていることもあり、古来より宗教儀式・瞑想等に使われていたそうで心を落ち着かせる効果があるといわれています。

 何気なく漂っているこの白檀の香りには、皆さんのイライラ解消や心の疲れを癒してほしいという思いも込められています。

白檀A.jpg

白檀.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:18 | めぐみだより

2015年05月18日

めぐみ野球部

プロ野球では現在、パリーグはソフトバンクが首位浮上、セリーグ

は、横浜DeNAが首位で優勝する雰囲気になっています。

我が福岡聖恵病院野球部では、幸い雨で練習が中止になることもなく、

さわやかな夜風の中で練習を続けています。

さて、5月20日(水)に福間病院と練習試合を行うことになりました。

古賀市の千鳥ヶ池公園にて、19時試合開始です。

これまでに出た課題を意識しつつ、気持ちの面でも高めて

試合に挑みたいと思います。

皆さま、応援よろしくお願いいたします。


yjimage.jpg



拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:21 | めぐみだより

2015年05月15日

「ミドリガメ・・・」

我が家には、放生会の露店ですくったミドリガメが2匹います。そのうちの1匹が、年末から目を閉じたままエサも食べなくなりました。てっきり病気と思い、ビタミン剤を与えたりしていましたが効果なく、このまま体力が弱っていかないか心配でした。

春になり少しずつ暖かくなると、目を閉じたままエサを食べ始め、今月ついに目を開けてくれたのです。昨年の冬は元気に動き回っていたのに・・・今年は冬眠をしていたのでしょうか?

今では、2匹が仲良く日向ぼっこを楽しんでおり、エサを食べたり泳いだり、ゆっくりとした動きに心が癒されます。


画像 009.jpg 画像 003.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:59 | めぐみだより