2020年01月24日

冬野菜で、みぞれ鍋

こんにちは、デイケア光明の作業療法士 Y です。

今回はデイケア光明で、利用者さんと一緒に園芸活動で育てた冬野菜を使った“みぞれ鍋”を作りました。


デイケア光明では、今年の冬は大根、白菜、ブロッコリー、春菊、スナップエンドウを育てました。


土の【土壌酸度】を、酸度計を使い、その野菜に適した土づくりにこだわりました。 (^^)

その結果、今年は豊作でみずみずしい野菜を収穫することができました!

画像@.JPG


画像A.JPG

デイケアで育てた大根をミキサーにかけ、白菜や春菊のみぞれ鍋を作り、皆で美味しくいただきました!

利用者さんもスタッフも大喜びの楽しい試食会でした。 (*^_^*)

画像B .jpg


また、春・夏野菜を育てるのが楽しみです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:36 | めぐみだより

2020年01月23日

両親

父は大正13年生まれの子年、3月で96歳になる。

母は昭和6年生まれの未年、1月で89歳になった。

二人とも元気(?)です、とまではいかないが・・・自宅で長男夫婦と暮らしている。私の歳で両親そろっているということは、喜ばしいことである。


父は糖尿病で内服治療中。性格は、温厚でやさしい。

母は2年前にあることがきっかけで認知症。近所の人達とよく話し、よく笑う性格だった。


口げんかは、よくしているが、今も仲良しである。二人で、ほぼ毎日デイサービスやデイケアに通っている。時々行きたくない日もあるようだが、お迎えが来るので文句も言わずに出かけている。そういう姿を見ていると、近くに住んでいたら世話が出来るのにと思うものの、ままならず・・・せめて2ヶ月に1回は顔を見に帰省しようと思うが、なかなか帰れない時もある。


両親とデイケアのご利用者がダブることがある。

両親に出来ない分をご利用者にやさしく接してあげたい、との思いはある。

だが、ついつい忙しかったり、気持ち(意思)が通じなかったりすると、難しいなと思うことも多々ある。実際、私自身が自宅で両親の世話をしていたら、どれくらいのことが出来るか分からないが・・・。


今まで私や子どもたちが両親からしてもらったことを考えると、感謝しかない。今は、二人が毎日毎日を元気で楽しく過ごして欲しいと願うだけである。


お年寄りB.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:40 | めぐみだより

2020年01月22日

カレーの日

みなさん、こんにちは。何と今日1月22日は、「カレーの日」だそうですね。1982年1月22日に「学校給食創立35周年」を記念して行われた全国学校栄養士協議会が、全国の小中学校児童約800万人にカレーライスを給食として提供したことから、記念日に制定されたとのことです。


カレーライスは、子どもたちだけではなく、みんな大好き。もはやラーメンと並んで国民食と言っても過言ではないでしょう。私も大好きです。家で食べても美味しいし、お店で食べても美味しいですよね。今まで不味いカレーに当たったことはないなぁと思っていたら、ふと20数年前の出来事を思い出しました。


当時勤めていた職場の同僚Oさんの新婚家庭にお呼ばれしました。聞けば奥さんが食事を作ってくれるとのこと。独身の私は断る理由もなく、遠慮なくお邪魔することにしました。事前にOさんから「うちのカミさん、料理が下手なんですよ〜。本当に。」と聞いていたのですが、メニューが「カレーライス」と聞いてまあ大丈夫だろうと思っていました。その時までは・・・。


いざ、出されたカレーを一口食べると、あれ、美味しくないなあ・・・えーっ、カレーだよねえ。おかしいなあ、どうしたらこんなに不味くなるんだろう?

そして、付け合わせのエビフライも何だか衣がボロボロでべちょべちょでした。・・・さすがに悪いので残さず食べましたが、帰り道、美味しくないカレーもあるんだなぁ、本当に料理が下手なんだなぁと、カルチャーショックを受けたものでした。(カレーに罪はない、料理する人は、なるべく美味しく作ってくださいね。)


その後、今日までその時のカレーを超えるものには、出会っていません。

念のため。


a.gif


拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:13 | めぐみだより

2020年01月21日

フラリーマン日記 episode.28(銀玉鉄砲編)

初詣に筥崎宮へ行った時の事、縁日で射的があり、長男がしたいと言うので、射的をする事に。結果、長男は菓子を4個ゲットできました。

次男はというと、銀河鉄道999伝道師の意地をかけ挑みましたが、景品を1個も取れずガッカリしていました。

ブログ用.jpg

すると、それを見ていた店主さんが次男にBB弾の出る玩具の拳銃をくださったのです。

次男用に私が作成したゴム銃とは比較にならない本物感のある?銃に次男は大喜びでした(優しい店主さんに感謝)


次の日、私が職場から帰ると、テーブルの上に昨日の拳銃があります。

唯我独尊(妻)に理由を尋ねると、遊んでいる時に落としてバラバラにしてしまい、直そうとしましたが、どうしても戻らず、お父さんに望みを託したとの事でした。


中を開けてみると、バラバラになった部品が入っていました。バラバラといっても部品数は6点ですが、完成品の中身を見た事が無いと少々分かりづらいかもですね・・・。

しかし、見ると私が幼い頃に遊んだ銀玉鉄砲と然して構造が変わっていません、古き佳きまんまです(笑)

ブログ用2.jpg

銀玉鉄砲といえば、オッサン世代ならヒデキ感激の血が騒ぐ玩具です。

私もかつては、玉の飛距離や威力を増すためにバネ部分を強化、銃口を下に向けた際に玉が落ちないように銃口にゴムでストッパーを付けたり等(当時の銀玉鉄砲は、銃口を下に向けると銃口から重力で玉が落ち、弾切れの原因となっていました(笑)、戦いに勝つ為に必要な?モディファイをしたものです。


あの頃と何ら変わらない部品を40数年振りに眺めて、あの時代の楽しく熱かった遊びを思い出しました(笑)物思いにふけりながら、修理完了。


翌日、私が職場から帰宅すると、子どもは忖度がありません。

私の背後から忍び寄った次男が、私の尻を銃で撃ちながら「お父さん、直してくれてありがとう!それと、撃たれたんだから何かリアクションとって!」だって。

「(自分の事は棚に上げて)人に向けて撃ったらアカン!」と言っているのに私には慄然さのカケラも見せない次男はいつ何時でも攻めてきます。

まあ、他ではやっていない様なので、ヨシとしていますけど。


修理によって、お父さんの勲章が一つ増えたのか、オウンゴールとなったのかは微妙ですが、次男が私をイジるガジェットが一つ増えたのは確かですね(笑)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:12 | めぐみだより

2020年01月20日

大寒

こんにちは食事療養室です。

今年は、今日1月20日が【大寒】らしいですね。

広辞苑で検索すると、

  1. 非常に寒いこと。また、その時。

  2. 二十四節気の一つ。太陽の黄径が300度の時で、12月の中。太陽歴の1月21日頃に当たる。

とされています。


その通りで、まだまだ寒い日が続いています。

そんな【大寒】の当院の昼食を紹介いたします。


・サバの味噌煮

・ほうれん草のおかか和え

・ぜんざい

・りんご

DSCN1362.JPG

寒い冬に食べたくなるようなメニューを、M管理栄養士が立ててくれました。


特には、ぜんざいは患者様にご好評いただいています☆

この時期ぴったりですよね ^^


全国各地でインフルエンザや風邪の流行が続いています。

バランスの良い、あったかい食事で病気を予防していきましょう。

DSCN1361.JPG

(写真:猿田彦神社猿)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:25 | めぐみだより