2018年11月29日

バスハイク

11月21日、22日と2日間に渡り、デイケア聖恵では太宰府天満宮までバスハイクに出かけました。目的はご参拝。朝から利用者の皆様は、おしゃれをして来所。ワクワクを隠せません。食事療養室にも協力してもらい、お一人お一人に合ったお弁当を用意してもらいました。

20181122_110334.jpg

少し肌寒い2日間でしたが、皆様には、しっかり着込んでいただき「何年振りかしら♪」、「私、近くに住んでいたのよ。」、「(梅ヶ枝餅を食べて)おいしい!久しぶりに食べたよー。」等とおっしゃって、とても喜んでいただきました。

猿回しに菊花展、七五三の子供たちを見ては「かわいい。」、「こんにちは。」普段は足腰が痛いと歩行をためらう方もスイスイ歩かれていました!


リハビリスタッフを中心に、看護師と介護士、ドライバーさんにも協力してもらい、無事に参拝も済ませることが出来ました。これからもっともっと寒くなりますが、皆様がいつまでもお元気で、デイケアに通っていただけることをお願いしました。

20181122_112959.jpg


20181122_132200.jpg

これからも宜しくお願いいたします。看護師の I でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年11月28日

充実した時間

こんにちは。福岡聖恵病院で看護副部長をしている Fです。11月20日に飯塚市市民講演会に講師として、「私らしくあなたらしく生きる」という題名で一時間、講演して参りました。


地域住民の方40〜50名の参加があり、関心の高さに驚きました。事例を交えた内容を手話の通訳の方にもお手伝いいただき、充実した時間でした。

DSC_0030.JPG

質問コーナーでは、実生活でのお困りなご相談もあり、少しはお役に立てたのかなと思っています。今後、当院の地域でも機会があれば活動したいと考えています。


21時過ぎに帰宅につく車の中、少し肌寒い風に当たりながら、心は満たされていました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年11月27日

「有明散策〜シチメンソウ〜」

みなさん、こんにちは。少し前ですが、11月の中旬に佐賀市の東与賀町にある干潟よか公園に、「シチメンソウ」を見に行ってきました。シチメンソウは海の紅葉と言われ、この時期に紅く色づく塩生植物です。耐塩性が強く、干潟や湿地で育つそうです。

PB110733.JPG

今回は、現地に着いてビックリ!咲いている所より枯れている所の方が多いんです。今年は、例年より見頃が早かったみたいですね。昨年は、もっと赤い所の方が多かったんですが・・・。少し残念です。他の見物客も一様に残念そうです。でも気を取り直して、赤い部分をねらって写真をパチリ。何とか恰好がついたかな?

PB110713.JPG


PB110725.JPG


PB110732.JPG

海岸沿いに自生する「シチメンソウ」は、国内では有明海沿岸のみだそうです。地元の方々やボランティアの尽力によって守られているシチメンソウ。

私は、年一回見に来るだけですが、それでも有明海の自然がずっと守られるよう願いながら、家路に着きました。

PB110736.JPG

来年は、一面赤い海岸を見られるよう、見頃をねらって行きたいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年11月26日

雅楽

今日は、先月末に行われた聖恵ビハーラ(緩和ケア病棟)でのイベントについて、紹介したいと思います。

ブログ写真@.jpg

先日、聖恵ビハーラの八角堂にて、「雅楽」の演奏会がありました。

雅楽は、1,200年以上もの歴史のある音楽で、一番身近なものとして、神社やお寺でのお祭りなどで見たことがある人もいるかもしれません。


今回は3名の楽師の方々に来て頂きました。

ブログ写真A.JPG

聖恵ビハーラの患者様やそのご家族、ボランティアをして下さっている方々、聖恵病院のスタッフそしてちょうど実習中でもあったため、看護学生さんも一緒に演奏会に参加して頂きました。

ブログ写真B.jpg

優しく穏やかな時間が流れ、患者様やご家族からも「演奏会良かったよ!」との感想が聞かれました。スタッフからも「いつも以上に穏やかな空間だった。」との声が聞かれ、演奏会イベントは大成功となりました。


次は、クリスマス会を計画しています。

聖恵ビハーラでの生活が穏やかに過ごせるように、これからもスタッフ一同、お手伝いさせて頂きます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年11月22日

ちくちく

こんにちは、食事療養室です。

以前紹介したポンポン部は忙しくて休部状態となっていますが、食事療養室では趣味の手芸が静かなブームとなっています。

動物ぽんぽん.JPG

昼休みには、休憩室でSさんが刺繍をする姿をよく見かけます。


私は10月に開催された母校の文化祭バザーのお手伝いをし、手作り品を提供しました。ハギレでカチューシャやリボンを作ったり、バッグを加工したりしてバザーで販売しました。

リボン.JPG カチューシャ1.JPG


カチューシャ2.JPG

手芸が苦手、ミシンは使えない(持っていない)私なので、手縫いでできるものを作りました。

バッグ1.JPG バッグ2.JPG


もともと手芸は苦手な私ですが、手作りしたアクセサリーを小さな女の子がつけているのを見ると嬉しかったです。バザーは終わりましたが、ちくちくと手縫いでちょっとしたものを作るのは楽しく、寒い日は家にこもって作ろうかと思っています。


休部状態のポンポン部も復活させ、作りかけの作品を完成させたいものです。



拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:58 | めぐみだより