2020年01月16日

同級生

高校を卒業して44年、「4年に1回会いましょう」を合言葉に、同窓会で何度となく会いあまり仲良くなかった同級生ですが、昨年は、何故かマイペースな5人が意気投合して、何度となく飲み会や温泉旅行に行きました。


集まると何故おかしいのか分からないまま、お腹を抱えて笑い転げています。高校の頃は思春期で自分の思いや考え中心でしたが、いろいろな人生経験も重なって、お互いを認め合え、許し合える関係になったのでしょうか。


昨年の年の瀬は、鍋パーティーで笑いの締めくくりでした。今年もワーク・ライフ・バランスを保ちながら、この仲間と笑って1年を過ごしたいと計画しています。


鍋パーティー2.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年01月15日

日本一の大門松

みなさん、こんにちは。お正月気分もすっかり抜け、またいつもの日常に戻っている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

当ブログの内容もお正月シリーズが終わりましたが、しかし、今日までお正月の話題をさせてください。 <(_ _)>


1月5日、お正月休み最後の日に、宮若市脇田の「日本一の大門松」を見て来ました。私はここ数年見に行っているのですが、やっぱり、いいですねぇ。大きさだけだと、他所でもっと大きいのを見たことがあるのですが、それは何だかオブジェみたいで・・・、美しさや門松らしさで言えば、やっぱり宮若のものが一番です。流行のインスタ映えもしそうですしね。

P1051234.JPG

当日は、隣の物産館がお休みだったせいか、見物客も少なく、ゆっくりと見ることが出来ました。私以外にもご夫婦や家族連れのみなさんが思い思いに写真を撮られています。中には、近くの施設から来られたのでしょうか、車イスのご高齢者とスタッフらしき方が、門松の前で記念撮影中です。ご利用者さんもスタッフさんも笑顔でポーズを決めてらっしゃいました。新年早々いい光景を見たなあって感じで、私の気持ちもほっこりしました。


「また来年も来るぞー。」と、胸の中でつぶやき、追い出し猫と招き猫に見送られながら、家路に着きました。

P1051232.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:27 | めぐみだより

2020年01月14日

新年の恒例行事

毎年欠かさず新年に行うMy行事。

「私の死後お願いノート」(今でいうなら事前指示書もどき)の見直し。

かれこれ30数年前、新人看護師になった1年目より「私の死後お願いノート」を書き始めた。


書き始めたきっかけは色々。


令和2年は、自分自身も年を取ってきたな・・と痛感する新年の幕開けとなった。大晦日から日付が変わり令和2年を迎えた夜中に持病のイレウスを再発した。苦しみながら万が一の事があっても「私の死後お願いノート」の存在を妹に託しているから大丈夫だねと思える私がいた。


その反面、見られて困るものの処分が終わっていないことにも気づき、慌てて別の意味での冷や汗!!ここで くたばるわけにはいかないわ・・と気力が復活!

幸いサブイレウスで留まってくれたので、そこは慣れたもの。今日まで元気に仕事に通っています(笑)


老化を意識する年齢


だからこそ 


いま生きている意味  生かされている意味を考えつつ


今年も「私の死後お願いノート」を、無事に更新できた私です♪


よかった♡♡♡


240_F_310327925_MuuHCV7rjwe0oMlNuq8COMvn9OkqwbW9.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年01月10日

年末年始の行事食

こんにちは、食事療養室です。

お正月もあっという間に過ぎました。


食事療養室では、正月料理の行事食を12/311/3までと、七草粥を1/7に提供しました。ご紹介します♪


■12/31 夕 年越しそば

(メモ)病院でも大晦日を楽しんでいただけるようそばを提供しています。

191231夕.JPG


■1/1 昼 

小豆飯・盛り合わせ(ぶりの照焼き、だし巻、かまぼこ、魚の蒸し物)・紅白なます・雑煮・和菓子

200101昼.JPG


■1/1 夕

すき焼き・ほうれん草のお浸し・きんとん・一口昆布

200101夕.JPG


■1/2 昼

ゆかりご飯・かき揚げ・オクラのごま、おかか和え・清汁・マンゴー

200102昼.JPG


■1/2 夕

松風焼き・カリフラワーのドレッシング和え・伊達巻き・黒豆

200102夕.JPG


■1/3 昼

ちらし寿司・筑前煮・菜の花の昆布和え・茶碗蒸し・いちご

200103昼.JPG


■1/7 昼

七草粥

DSCN1358.JPG

(メモ)七草の日は、1年間の無病息災や、お正月の御馳走やお酒で疲れた胃腸をいたわる意味を込めて七草粥を食べる風習があります。


食事療養室では患者様、利用者様に、毎月の給食以外にも、季節や暦に合わせた行事食を提供するようにしています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年01月09日

願い

あけましておめでとうございます。今年も「めぐみだより ブログ(スタッフの日記です)」をよろしくお願いします。


さて、みなさんは、初詣には行かれましたか?私は、2日の午後に自宅近くの香椎宮に行って来ました。少しは参拝客も減ったかなあと思って行ったのですが、まだまだ多くて、本殿に参拝するには、やっぱり列に並ばなければなりませんでした。(年末年始に比べると、大分少ないですが)

P1021217.JPG


P1021219.JPG

しょうがないなあと思いながらも、並んで待つこと約20分、ようやく本殿でお参りです。待っている間に、願い事をあれこれと考えていたのですが、結局、口から出た言葉は「今年も無事に過ごせますように・・・。」でした。我ながら無難だなあと思いましたが・・・、まあ普通が一番ですよね。お賽銭をいつもより奮発したので、少しはご利益があるでしょうか。


ところで、年末年始の神社は、もの凄い賑わいです。何百万、何千万の願い事が飛び交っていると思います。神様もてんてこ舞いですよ。そう考えると、みんなの願いが叶うなんて、どだい無理な話ではないでしょうか。うーん、今年から他力本願は止めて、自力で頑張るしかないかと思ってはみたものの、やはり神社にいくと、ついお願いをしてしまいますよね。 (#^.^#)


最後に、久しぶりに鳩をたくさん見ました。お正月はエサをもらえると思っているのかなあ。

P1021231.JPG


P1021227.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより