2021年03月31日

タルタルソース

みなさん、こんにちは食事療養室です。本日のメニューを紹介します。

★白身魚フライ 付タルタルソース

★菜の花のごま和え

★ミートボールスープ

★コーヒーゼリー

献立の写真.JPG

タルタルソースは、2度目の提供です。

前回は、タルタルソースの具をミキサーにかけたときに小さくなってしまったので、

前回の写真.JPG

今回作った調理員さんは、形が残るように心がけてくれたとのこと。

胡瓜や卵が入っているのがわかりますよね。見た目も綺麗でした。

今回の写真.JPG

手作りで作っているので大変ですが、前回の反省をいかした微調整を行えるのも利点ですし、なによりうまい。売りたいくらいです。(自信あり)


当院の食事は、サイクルメニューを提供していますが、飽きのこないよう可能な範囲で新メニューも取り入れながら、楽しい食事のための工夫を今後も行っていきたいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:39 | めぐみだより

2021年03月30日

美術展

先日、美術部に所属している中学1年生の娘の作品が、福岡県立美術館に展示されていたため、足を運んで来ました。作品名は、宮地嶽神社「友人と描いた秋の景色」です。

宮地岳2.jpg

反抗期真っ只中の娘と口をきかなくなり、寂しくなるとこの絵を見て慰めています。


娘の絵以外にも多種多様な作品が展示されていて、どれも心のこもった素晴らしい作品で感動しました。


題名は「先輩の姿」です。

先輩の姿.jpg


若い方の励ましが、おじさんの心に沁みます。

言葉1.jpg

コロナ禍の中、美術鑑賞は人と接触せずに楽しめるので、良かったです。

制作者の皆様へ、感動をありがとうございます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2021年03月29日

アマビエ

アマビエとは・・・。

江戸時代に「もし疫病が流行したら、私(アマビエ)の姿を描いた絵を人々に見せよ。」と言ったと伝えられている妖怪だそうです。


4月の献立に可愛いアマビエちゃん登場しますのでお楽しみに〜!


image.jpg



拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:39 | めぐみだより

2021年03月26日

シトラスリボン

先日、4月で5年目に突入する「登校時のあいさつパトロール」で交差点に立っていると、いつも元気に挨拶してくれる男の子が緑色の筒状の物を私に手渡してくれました。「学校で学習したので帰ってから読んでください。」とのこと。

Screenshot_20210326-070639.png PXL_20210325_204340188.jpg

仕事が終わり、帰宅後、早速、読ませてもらいました。

彼が、私が病院で働いていることを知っていたのかどうかは分かりませんが、「シトラスリボン」については、サンコスモ古賀の入り口に掲示してあり、希望者は持ち帰れるように置いてあったり、古賀市の広報にも掲載されたりしていて、以前から知ってはいましたが、実際に身につけてはいませんでした。

PXL_20210325_204906379~2.jpg PXL_20210325_204521075.jpg

これを機に、まずは貰ったリボンを実際につくって、身につけたいと思います。





拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:29 | めぐみだより

2021年03月25日

フラリーマン日記 episode.37(名字のルーツ編)

長男用に購入した歴史マンガが家にあるのですが、長男は全く興味を示さず、代わりに次男がハマって繰り返しよく読んでいます。


最近では図書館で歴史関係の本を毎週借りてくるようになり、戦国時代限定ではありますが、大きな合戦の内容や、私から見たらマイナーな武将の事などをよく知っています。学校の勉強もその位やってくれればいいのにと思います笑。


歴史オタク(次男)から先日、我が家の出自が分かるものや代々受け継がれる甲冑(かっちゅう)(戦国時代の防具)や刀はあるのかと聞かれました。私も昔、同じ事を父に聞いた事を思い出しましたが、我が家には家系図等なく、当時は祖父母の出身地や祖母の旧姓位しか分かりませんでした。もちろん甲冑も刀もありません笑。


しかし、今はインターネットという便利なものがあり、あの頃とは情報力が違います。個々の出自は難しくても俯瞰的に何か分かるかもしれません。


ググってみると(検索してみるという意味です)、日本で何番目に多い名字かランキング等、色々でてきました。肝心の出自はというと、はっきりはしませんが、地名からとった説が一番有力そうです。


全国に数カ所、同じ読み方の地名があるのですが、鹿児島県には漢字も同一の集落があり、私の苗字と同じ名の小学校もあります。所縁があるかどうかは別として行ってみたくなります笑。他、出自がはっきりせず、庶民の出の可能性が高いといった意見もありました。


今回も出自は分かりませんでしたが、家名発祥の地かもしれない地名が幾つかある事、由緒正しき生粋の庶民の可能性が高い事(些少ながら公家や名家と繋がりがあるかもと期待していましたけど笑)などが判明しました。


次男と話をしていて、私も久方ぶりに歴史小説でも読んでみたくなりました〜。『歴史は韻を踏む』というマーク・トゥエインの言葉があります、過去を振り返るのも大切なことですよね。


あったら良いのにと次男が欲しがっていた刀は、木製のレプリカをアマゾンで購入し、シャレで次男へ受け継ごうかとも考えましたが、唯我独尊(妻)の武器になるだけの気がしますので、やめることにしました候。 


images (1).jpg 

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 19:45 | めぐみだより