2019年07月31日

すみっコぐらし

みなさんは、「すみっコぐらし」をご存知ですか。子供たちに人気のキャラクターで、日本人の「隅っこが好き」と言う気持ちをテーマに作られたそうです。しろくまやぺんぎん、ねこ、とかげなど色々種類があるみたいです。私の場合は、趣味のクレーンゲームの景品にもあるので、以前から知っていましたが、意外と人気があるんですよねぇ。


最近、私の周りで、すみっコぐらしが欲しいという人が居たので、ゲームセンターに寄った時にチャレンジしてみました。「すみっコぐらし」は形が丸っこいので、3本づめのアームでは取りにくいのですが、今回の台は、2本のアームで景品を下に落とすタイプだったので、何とかゲット出来ました。(後日、好きな方に進呈したいと思います。)


これが獲得したすみっコぐらしの「しろくま」と「とかげ」なのですが、結構大きいので、部屋の隅っこでは暮らせないんじゃないかと思うのですが・・・(笑)


DSC_0569.JPG


拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年07月30日

河童のミイラ

こんにちは。ついに暑い夏がきましたね。皆さん、体調管理に気を付けてくださいね。

私は先日、佐賀県伊万里市にある酒蔵に行ってきました。目的はお酒!………ではなく「河童のミイラ」です。酒蔵に入るといろんなお酒が並んでいましたが、その奥には薄暗い中、綺麗に祭られているミイラがいました。河童は水の神様ということで、お酒と関係があるんだと思いましたが、それに加えもうひとつ「子宝祈願」子宝に恵まれるとの評判まであるとの事です。実際にお礼の手紙も置かれてあり、手を合わせる際に一緒にお願いしました。これからが楽しみですね。


ミイラもリアルな感じで、すごく原型として残っていたので、未知の生物に関心のある私としては、興味深かったですね。本当は写真を撮りたかったのですが、神聖な物だと思い、撮ることができませんでした(笑)調べればすぐに写真が見つかるため、撮っても良かったのかなとも思いますが。


皆さんも、もし興味や機会があれば、実際に足を運び、祈願やミイラの見学に行かれてみてください。


                yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年07月29日

金印ロマン

先日、志賀島へドライブに行った時のこと。いつもは素通りするのですが、たまたま海が見たくて金印公園の展望台へ。そこにはモニュメントがあり、中には何と漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)の金印が・・・。もちろんレプリカですが、きらきらと金色に輝いていて、思わず見とれてしまいました。太古のロマンが感じられます。

P7151075.JPG


P7151076.JPG

いやあ、いいですねぇ。話には聞いていましたが、こんなに美しくてかっこいいとは。さすが国宝です。福岡市博物館に収蔵されている本物も、ぜひ見てみたくなりました。


ところで、志賀島で発見された金印には、偽物説があるのをご存知ですか?江戸時代天明年間に、地元のお百姓さんによって偶然発見された金印。千葉大学名誉教授の三浦 佑之氏は、発見時の記録にあいまいな点が多いこと、江戸時代の技術なら十分贋作が作れること、「滇王之印」に比べると稚拙なことなどの点から偽造説を唱えました。(儒学者 亀井南冥らによる仕業)また、当然この説に反論する人たちもたくさんいる訳で、何だか邪馬台国論争みたいで面白いですね。


私個人としては、大昔の金印が現在でもこんなにきれいなのか?と一抹の不安も覚えますが、本物であって欲しいです。ロマンがありますからねぇ・・・。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:49 | めぐみだより

2019年07月26日

土用の丑の日

こんにちは。食事療養室です。


7月27日は、土用の丑の日です。

福岡聖恵病院では、本日行事食として、昼食に鰻丼を提供させていただきました。

DSCN1149.JPG

患者様やご利用者様から大変喜んでいただけました。

私たちは前々よりいろいろと準備をしてきたこともあり、喜んでいただけ、また無事に終えることができてほっとしています。


土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったのは、江戸時代とのこと。


「土用の丑の日うなぎの日

食すれば夏負けすることなし」

うなぎイラスト.png

というキャッチコピーが始まりだそうです。

うなぎに限らず、「う」のつく食べ物が良いとも言われているそうです。

うどん、瓜、梅干し、牛肉(うし)、などなど・・・。


力の湧く食べ物を食べ、暑い暑い夏を乗り越えたいと思う今日この頃です。


次回の行事食はお盆です、お楽しみに ♪

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:10 | めぐみだより

2019年07月25日

日帰り旅行

(山口、長門の日帰りバス旅行 旅程)

  1. ブルーベリー農園

  2. 昼の食事は北長門。

  3. 青海島(海上アルプス遊覧)爽やかな夏を感じました。

  4. 元乃隅神社(青い海まで鳥居が続く)

  5. 角島大橋(海士ヶ瀬公園)

1〜5の順に廻りました。

先日、山口、長門方面へ親しい友達と私たち夫婦で、観光バスの日帰り旅行に行きました。旅行の行程には知らない所が多々あり、新鮮な気持ちになれました。

最初にブルーベリー農園に寄りました、ブルーベリー狩りをして、食べながら農園の周りのひまわり等の花を見て楽しみました。


昼食は北長門で、海鮮料理をいただきました、ふぐ料理はありませんでしたが、満足できました。


午後は青海島を遊覧船で廻りました。呼子の七ツ釜に似ている、青海島の崖に出来ている穴に船で入って行く時は、歓声があがっていました。

次に元乃隅神社へ行きました。ここは海岸と神社の間を沢山の鳥居が続いて繋がっていました。(ここでの一番のご利益は、安産祈願でした)神社の一番大きな鳥居の上に賽銭箱あり、下から賽銭を投げて、入れば良い事があると言われていました。一緒のバスに乗られていた方達は、みんな楽しまれていました。

 DSC_0178[1].JPG

最後に海士ヶ瀬公園のところに角島大橋があり、テレビのCMで有名な所で雄大な橋でした。歩いて渡る事は出来ませんでしたが、バスで往復、渡ってきました。

 DSC_0191[1].JPG

一度は行ってみて良かったと思える旅行でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:12 | めぐみだより