2018年12月17日

めぐみバンド 「ユナイト」

皆さんこんにちは。今回は、めぐみバンドの活動をご紹介させて頂きます。

めぐみバンドとは正式には“ユナイト”というバンド名で活動を行っております。主に花まつりやめぐみ祭、その他病棟やデイケアでのイベントなどで演奏を披露しております。懐かしい名曲や季節の曲、ちょっとノリのいい曲など、メンバー皆で一生懸命練習して、いつも本番に向けて頑張っています。


今回は12月11日にデイケア光明にて、クリスマス会の時に出演した際の演奏の様子を載せることにしました。メンバー皆、少し緊張気味ですが、利用者の皆様に喜んで頂けるように張り切って演奏しています。

@.JPG


A.JPG


B.JPG


C.JPG

今後も患者様や利用者様に喜んで頂けるよう活動を頑張ってまいりますので、病院のお祭りなど機会がありましたら、ぜひ皆様もユナイトを、ぜひ一度ご視聴ください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年12月14日

聖恵ビハーラのクリスマス会

こんにちは、食事療養室です。

先日、聖恵ビハーラ(緩和ケア病棟)にて、少し早めのクリスマス会が催されました。

内容は、

・ゴスペルの素敵な歌のプレゼント

・豪華なクリスマスケーキ

・職員によるサンタ&トナカイ仮装でのおもてなし

 患者様やご家族、職員も一緒に大変盛り上がったとのことです。


なかでもI管理栄養士厳選のケーキはとっても豪華!!

オーソドックスな生クリームタイプと、ちょっと大人なチョコクリームの2種類です。

image2.jpeg

また、ケーキを召上ることが難しい患者様の為に、I管理栄養士が腕を振るって「いちごの冷しおしるこ」を振舞いました。

image1.jpeg

上品で優しい甘さの中に、ほんのりと爽やかな酸味が感じられる逸品でした。皆さんは、今年のクリスマスをどう過ごされますか?


拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年12月13日

反抗期冬休み!?


「あー」、「うん」しか言わない中学生の息子です。親の心配もよそに返事もしない日々に、げんなりしています。皆さんどうやって切り抜けてあるのでしょうか。ところが先日の会話の一部を紹介します。


息子 「お母さん明日は休みやろ?」

私 「うん。久し振りにばぁちゃんと出掛けるよ。何かお土産欲しいものある?」

息子 「ないよ!お母さんが自分の欲しいもの買っておいで。」


なぬ?なんと言いました?きっと久々のまともな会話にビックリです。これは反抗期とは言わないのか?一部では「くそばばあ」とか言われるみたいだが!しかもばばぁと言われたら子育て成功とか言われているが、私はそんなこと言われたらきっと発狂するでしょう。戦う覚悟は出来ています() 

男の子を育て上げた皆様戦い方を教えてください。

20181206_072606.jpg


20181206_072623.jpg


それはさておき、急に真冬の寒さ到来です!皆様、体調には十分気を付けてお過ごしください。デイケアで元気にお会い出来ますように。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:44 | めぐみだより

2018年12月12日

冬の或る日

最近は、寒くなりましたねぇ。先週の火曜日は全国的に暑かったそうですが、今は真冬の寒さです。朝、布団から出るのがつらくなりました。 (T_T)
さすがに私も通勤時はコートを羽織っています。

グッと寒くなった先週末の土曜日、車で香椎宮の近くまで出かけました。

家族が用事を済ませている間に、私は境内をぶらぶら。寒さが身に染みましたが、逆に身が引き締まる思いです。辺りを見回すと、師走に入ったというのに、まだ七五三参りの家族の姿が・・・。カメラマンと待ち合わせしていたみたいで、これから撮影でしょうか。子どもたち、風邪ひかないようにねと思いながら、さらに境内を歩きます。

PC080772.JPG


PC080774.JPG

私の地元香椎宮も、太宰府天満宮や筥崎宮ほどではないですが、年末年始は参拝客で大いに賑わいます。境内ではその準備が始まっていました。臨時の売店みたいな小屋が出来ています。ああ、今年も終わるんだなぁと思うと何だか感慨深いです。

PC080770.JPG


PC080773.JPG

毎年大晦日は、日付が変わる前から鳥居の外の道まで、行列が出来ています。私たち家族もその行列に並んでお参りして、最後に福みくじを引いて、帰ってくるのが恒例行事になっています。(出店で梅ヶ枝餅も買いますよ。)今年もあと少しですね。無事に平成最後の正月を迎えられるよう、年内残り少ない日々を頑張りたいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:08 | めぐみだより

2018年12月11日

ビンゴゲーム

みなさん、こんにちは。今年の流行語大賞は、カーリング女子日本代表の「そだねー。」でしたね。2月の平昌オリンピックの時に流行ったので、もうずいぶん前のことですが、その後、それ以上のフレーズが出なかったのでしょう。個人的には「(大迫)半端ないって。」も良かったですが・・・。 (^v^)


今年、福岡聖恵病院で流行ったものと言えば、やはり「ビンゴゲーム」でしょう。(あくまで個人的見解です。)春の「花祭り」で初めて行って大盛り上がり、夏の「納涼会」、秋の「めぐみ祭」と続き、とどめは冬の「大忘年会」です。特に祭りでは、患者様、ご利用者、ご家族にも大そう喜んで頂きました。病院行事の春夏秋冬の節目で行いました。今年一年ビンゴに始まり、ビンゴで終わった感じがします。(これもあくまで個人的見解です。)そして、新たなスターも生まれました。ビンゴ大会のMC(司会)を3回務めたリハビリのM君は、とうとう「ミスターBINGO」と言う称号をもらっていました。 (o)


ビンゴゲームは、楽しいですよね。参加している人達は、数字が読み上げられる度に一喜一憂、ドキドキ、ワクワクです。中には、普段より真剣な顔の人もいます(笑)他の人が先に「リーチ」になったらちょっと焦りますね。また、自分が「ビンゴ!」になった時は、本当に気分がいいですよね。それに景品をもらったら、なお嬉しいです。


ところで、考えたらビンゴゲームって、ほとんど「運」ではないでしょうか?普通、自分でカードも選びませんし、また数字も選べませんからね。言ってしまえば、他力本願です。みんな平等です。だからこそ、大人から子どもまで、みんなが楽しめるのでしょうね。来年もビンゴ大会があればいいなぁと思いつつ、あくまで個人的な見解のブログを終わります。 (#^.^#)


yjimage.jpg  yjimage2.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:26 | めぐみだより