2020年02月26日

「フラリーマン日記 episode.29(たまに真面目な話編)」

先日、期せずしてお会いした研修仲間のSさん(インテリジェンスの高そうな方(笑))から「フェイスブック見ていますよ、自虐ネタいいですね!」と声を掛けられました。


Sさんが私の虐待(される方)日記を諧謔的に載せた投稿を読んでいた事が意外でしたが、「自虐ネタいいね!」と言われた事に嬉しさと小恥ずかしさが3対7で小恥ずかしさが勝ちました(笑)。


いつも自虐が枕詞の様になっている私の投稿ですが、今回は「自虐無しでも、いいね!」と言って頂ける内容が作れるか頑張ってみたいと思います(爆)。


前置きが長くなりました。

とある急性期病院前を車で通りかかった時の事です、救急車が赤色回転灯を点灯させながらサイレンを鳴らして道路から病院敷地内へ侵入しようとしているにも関わらず、過度な歩行者優先の意識からか?悠々と救急車の前を歩いて横切る人と自転車を見かけました。


救急車は横切る人と自転車をやり過ごした後、「止まってください、道を譲ってください」と言いながら病院へ入っていきました。患者の中にはタクシー代わりに救急車を使用している方がいますが、言うまでもなく秒単位で容態が悪くなり、少しの遅れが致命的になる重症患者が搬送されているケースもあります。

ブログ用.jpg

救急搬送中の救急車の前を横切った人達の往来を妨げた理由が「搬送される立場になった事が無いので分かりません」や「イリーガルじゃないから関係ない」といった趣旨からでしたら、あまりに自己中心的な挙措かと。


折しもその日の夕方、ラジオで「ドクターヘリ」の話題が上りました。

映画やドラマ等で格好よく登場するドクターヘリにも実際の現場では騒音や振動はもちろん、ヘリのダウンウオッシュ(風圧)で洗濯物が汚れた等のクレームが寄せられる事が少なくないそうです。

ブログ用2.jpg

時間を選ばず飛来するので、近所にドクターヘリを持った病院のある住宅地等は、さもありなんといった所ですが、命を救うために運用しているものです。昔は病院が側にあるだけで有難がられた?(偏見かもしれません)今は救急車の音がうるさい等、医業に対する社会通念や個人の権利意識が昔と様変わりしています。本業のみならず病院と周辺住民が共存できる対策も病院に求められる世の中です。


話を戻します。運転していますと、緊急車両が接近してきても寄せない・停まらない、先頭で信号待ちをしていても動こうとせず、結果道路を塞いでしまう車両を時折みかけます。


明日は我が身。もし皆さんが、緊急車両が接近しても道を譲らない方と同行や同乗する事がありましたら、「モーゼの十戒」の如く左右に寄って道を開けましょうと啓蒙していきましょう。


当たり前の事なのですが、当たり前になっていない時があります。

緊急車両が遅れる事によって良い事は一つもありません、遅れた結果、取り返しがつかなくなった等の事が無いよう憂慮します。 

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年02月25日

肉うどん

こんにちは、食事療養室です。

当院では、木曜日のお昼に麺類や丼物を提供しています。

冬のメニューでは、麺類はチャンポンやうどんなど温かいものをできるだけ取り入れるようにしています。


先週木曜日のお昼は、「肉うどん」でした。

肉うどん.JPG

〜2月20日 お昼の献立〜

*肉うどん

*卵豆腐

*ブロッコリーのかにあんかけ

*フルートカクテル

*牛乳


牛肉を玉葱、根深葱と一緒に少し甘めに煮てうどんにトッピング。

生姜を入れているので、ぽかぽかと体が温まります。

病院では、刺激の強いものが苦手な方や繊維の強い野菜は食べにくいという方がいらっしゃるので、生姜は効きすぎないように、根深葱は柔らかい白い部分を使ってやさしい味を心がけています。

香りの強い食べ物が好きな私は、自宅で作るときには、生姜多め、根深葱は青いところも入れ、春菊など他の野菜もいれてアレンジします。


寒い日に、ポカポカと温まるものを食べると幸せな気持ちになれる食いしん坊の栄養士でした(^^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年02月21日

安居の節分会

こんにちは、グループホーム安居の T山です。

安居では、今年も恒例の節分会を行いました。

2.JPG

皆さん、豆に見立てたボールを鬼にめがけて投げつけていました。

職員の「鬼はー外!」の掛け声で、一斉に投げつけるボールに鬼もたじたじでした。

1.JPG

 

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年02月20日

謝恩会

先日、小学6年生の長男の参観日(謝恩会)に行って来ました。約200人の子供達の企画・運営で親が招待され、我が子と手を繋いで席へエスコートされる事からスタート。飲み物なども子供達が準備して、とっくに背も足も親を越して大きく成長した子供たちが頼もしく見えました。照れながらも親子でゲームをしたり、成長をまとめたスライドショーを観たりとても楽しい時間でした。最後は生徒全員で、感謝の言葉と歌のプレゼントがありました。残り少ない小学校生活を振り返ってこれまで関わってくれた方への感謝の言葉や中学校への期待や希望、堂々とした姿にとても感動しました。


お土産に手作りのメッセージカードとクッションのプレゼントを頂きましたが、みんなで手芸屋へ布を買いに行き丁寧にミシンで縫ったそうです。そんなエピソードも嬉しくてニヤケが止まりませんでした。

謝恩@.jpg


謝恩A.jpg

春からは中学生の長男、心も体も大きく成長するこの時期を楽しんで欲しいです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:20 | めぐみだより

2020年02月19日

2月の作品紹介

こんにちは。今日は、認知症治療病棟で作った2月の作品を紹介したいと思います。

まずは壁の飾りです。節分にちなんで鬼と福の形をかたどった段ボールにお花紙をお湯でといたボンドで何枚も重ねて貼り、乾いたあとに顔のパーツを貼り付けました。

鬼の髪の毛は、黒の毛糸を患者様が工夫して貼ってくださいました。

5年ほど前にこの節分の歌があることを知り、これも今回患者様に書いていただきました。上手に書いてくださっています。

作品@.JPG

次は天井の飾りです。このカラフルな毬みたいなものは、色画用紙を丸の形に切ってもらい、それを20枚ほど繋げたものです。その下に、ウグイスを付けました。ウグイスは1枚ずつウグイスに絵の具で塗ってもらい、そでを切り、間につなぎを作って貼り付けています。

そうすることで立体に見え、より可愛く仕上がりました。

作品A.JPG

最後は、出入り口の飾りです。2月はバレンタインもイメージし作製しました。ハートは、2種類のマスキングテープを両面に貼っています。そのハートを持っているクマが女の子という設定です。みなさん「可愛いね」と言ってくださいます。

作品B.JPG

現在は3月に向け、お雛様の飾りを作製中です。

早く暖かくなって、春が来て欲しいものですね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:11 | めぐみだより