2020年02月10日

いきいき子ども食堂 ボランティア

先日、太宰府市で行われている子ども食堂へボランティアとして参加させていただきました。今回は子供も一緒に参加したので、体験という形でしたが、子供たちも鉛筆を削ったり、コマの作り方を他の子供たちに教えたりと立派にお手伝いしてくれていました。

様々な方々と交流があり、初めて会う方ともお話ができました。子供たちが楽しそうで何よりでした。


 昼食時にはご飯も頂きましたが、これが本当に絶品でとてもおいしかったです。次男は「どこで食べるよりもおいしかった。」と言っていました。

山本ブログ.jpg

以前より子ども食堂の事に興味はありましたが、やっと参加することができました。今後も出来る限り参加してお手伝いをしていこうと思っています。

子供たちも手伝ってくれて「ありがとう。」

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:54 | めぐみだより

2020年02月07日

「中庭の梅 2020」

みなさん、こんにちは。病院の中庭の梅が無事に咲きました。今年は暖冬なので、咲くのが早いかなあと思っていたのですが、気付いたら咲いていました。うーん、これで3年連続開花日を見逃してしまいました。残念です。


でも、気を取り直して可愛い花たちをパチリ。まだ、満開ではありませんが、休みの間に悪天候で散る可能性もありますから、今のうちにと、撮っておきました。

中庭の梅@.JPG


中庭の梅A.JPG

そして最後に恒例の、みのり保育園(院内保育所)のお友だちとの記念撮影会です。今年も新しいお友だちと元気よく ハイ、ポーズ!なかなかカッコよく撮れましたよ。

中庭の梅B.JPG


もう、昨年一緒に写ってくれた子どもたちはいませんが、皆、新しい環境(他の保育園や幼稚園)で頑張っているみたいです。親御さんたちから近況を聞くと、成長しているなあと嬉しく思います(一抹の寂しさもありますが・・・)。

オジサンも負けずに頑張るぞ!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:09 | めぐみだより

2020年02月06日

金運

みなさん、こんにちは。突然ですが、世間では少し前から「う○こ」が流行っていますね(笑)子ども向けの「う○こドリル」とか「う○ちくん」だとか・・・。

まあ、昔から子どもは「う○こ」が大好きですからね。 (#^.^#)


私は大人なので関係ないかと思っていましたが、最近、ゲームセンターのクレーンゲームの景品でよく見かけるようになりました。(私の趣味は、クレーンゲームなんです。) (^v^)


先日、ひときわ目を引く「金色のう○ちくん(ソフビ人形)」を発見。思わず目が釘付けに・・・。大きくて、まばゆく光輝いていました。特に欲しくはなかったのですが、何だか無性に気になって、帰り際に少しやってみることに・・・。

大きいから無理だろうなあと思っていたら、意外と簡単に(安く)取ることが出来ました。運が良かったのか、腕が良かったのか、はたまた日頃の行いか・・・、まあ何でもいいんですが、めでたく「金色のう○ちくん」は、私のもとにやって来てくれました。


金色のう○ちなので、略して「きん」「うん」。「金運」がUPするのでは、と密かに期待しています(笑) 試しに、毎日なでてみようかなあ。(ビリケンさんみたいに。)

でも、そんなに必要ないものにお金を使った時点で、金運に見放されているのかなあとも思ってしまう、今日この頃です。(無駄遣いは、ほどほどにしましょう。)


DSC_0002.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:37 | めぐみだより

2020年02月05日

「 今年こそ 」

早いものでもう2月に入りましたね。

私が今年こそやろうとしていることの一つが読書です。

先日、『 新・精神科デイケアQA 』という本を買ってみました。

毎日、数ページずつでも読んで、仕事に活かしていこうと思います。


基本的なことから書いてあり、デイケアの役割としてその効果は


  1. 安心感のある場所となる。

  2. 新たな人間関係を構築する機会がもてる。

  3. 生活に楽しみを取り戻し、自己肯定感を育む。

  4. 病気の再発を防ぎ、再入院を防ぐ。

  5. 就労、就学など次のステップを見つける。

まずは皆さんが元気に来所していただき安心できる居場所

でありたいです (^^)


               読書.png              

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:45 | めぐみだより

2020年02月04日

みのりの豆まき

こんにちは。昨日は節分でしたね。みなさん、豆まきはされましたか?私は、オジサンなのでしませんでしたが、みのり保育園(院内保育所)では、園児たちが豆まきを行いましたよ。私も早速取材に行って来ました。

節分@.JPG

朝10時開始と聞いていたので、少し前に着くと、鬼役の園長先生は別室で着替え中、園内は子どもたちも準備中でした。恐い鬼が出てくる前だからか、何だかまったりしていました。(嵐の前の静けさか・・・。)


しかし、さすがに鬼が来たら子どもたちが泣き叫び、大変な事になるかもと固唾を飲んで待っていると、いよいよ鬼が登場です。

節分C.JPG

おおっ、なかなかのクオリティですね。オジサンでも少しビビリましたよ。あれっ、でも子どもたちは、あまり恐がりません。おかしいなぁ、この光景はどこかで見た事あるぞ、そうだ、クリスマス会だぁ。サンタさんを見て、キョトン。鬼さんを見てキョトン。反応が一緒でした・・・。デジャヴです。

節分A.JPG

鬼も何だか焦って、金棒を振って暴れ出しました。すると、ようやく泣き出す子が2人出て、会はお開きとなりました。鬼が帰ると、皆、何事もなかったかのように遊びだしました。

節分B.JPG

夕方、園長先生と話をすると、先生も拍子抜けだったそうです。みんなが泣きだして収拾がつかなくなったら、私にもヘルプの予定だったそうですが・・・。取り越し苦労でしたね。今どきの子どもたちは、鬼を知らないのでしょうか?昔とのギャップに悩む編集 T でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:02 | めぐみだより