2018年10月04日

安居の敬老会

敬老の日とは、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から始まったとされ、多くの施設でその日に催し物をされていることと思います。

1.JPG

グループホーム安居でも毎年出し物など行っていますが、今年は「水戸黄門」の寸劇をすることになりました。職員が一から台本を考え、衣装を持ち寄り、時間の許す限り練習をして少しでも楽しんで頂けたらと準備をしました。


当日は、職員皆ドキドキしながら舞台に上がりましたが、入居者様も温かく見守ってくださり、途中笑いありで楽しく過ごして頂けた様で、ホッとしました。

2.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG


そして、敬老の日特別のお弁当も、おいしそうに召し上がって頂きました。

7.JPG


8.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:20 | めぐみだより

2018年10月03日

私らしく

今年の夏が終わり、やっと爽やかな秋風が吹き始めましたね。

先日、我が家のお嫁さんが妊娠中で体調不良のため、一人で神功皇后、皇子ゆかりの宇美八幡宮へ行って来ました。

CIMG3096.JPG


CIMG3097.JPG

静寂な空間に迎えられ、祈願すると何かしらスーッと安堵感が、楠木や周囲の風景に癒されました。


自然が好きなので孫と一緒にリンゴ狩り、来年も一緒に来られたらいいな〜と願いつつ、私らしく日々過ごしています。

CIMG3102.JPG


CIMG3099.JPG


CIMG3100.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:07 | めぐみだより

2018年10月02日

ささやかな一日

こんにちは。

最近は台風が来て、大変な日々です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


私は食べる事が好きで、先日外食してきました。

美味しい物を食べると気持ちが上向き、ささやかな事ですが、一日一日頑張ろうという気持ちになってきます。

そして今は秋、秋は食欲の秋とも言われ、食べ物が旬を迎え美味しくなる季節。


皆様も美味しい旬の食べ物を探しに行きませんか。

1538183435161.jpg
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年10月01日

カニカマ

最近、カニカマがスーパーで売りきれになっているということが栄養室で話題になっています。

またテレビの効果かよ〜()と思いつつも、気になって真面目に調べてみました!

カニカマの主な材料は、スケトウダラのすり身と卵白です。

気軽にたんぱく質をとれることがポイントで、特にスケトウダラのたんぱく質の高さが話題となっている様です。

K.jpg

*スケトウダラのたんぱく質は、卵と同等以上に良質

人体に必要なアミノ酸は20種類で、その全部をバランスよく含むたんぱく質を良質たんぱく質といいます。1つでも不足があると利用効果率が下がり、筋肉合成に使われなかったアミノ酸は、エネルギー源となるか脂肪として蓄積されてしまいます。卵のアミノ酸スコアを100とした場合、スケトウダラのたんぱく質は104という指標が示されています。良質たんぱく質豊富で、さらに低脂肪であることがポイントです。


*高齢者になるほど、しっかり摂りたいたんぱく質

たんぱく質は筋肉の材料となります。

じょうぶな筋肉を保つことは老化予防の点でも大切ですが、筋肉量は加齢とともに年に1〜2%減っていくといわれています。筋肉を維持・強化するには、運動とともに食事をしっかりとることが大事です。食の細い高齢者、メタボ予防やダイエット志向で食事を制限している人ではたんぱく質の不足しがちです。


「私も今日からカニカマ食べようかな〜!」とつぶやくと、管理栄養士の先輩方から「ひとつの食材に頼ったらだめよ。バランスよく食べることが大事よ」と指導されました()

ついつい大事なことを忘れていました。

これを食べると健康になる!!と聞くとその食材ばかり食べてしまいそうになりますよね〜、3食バランスよく食事することが大事であることを忘れずに、明日からも頑張ろうと思いました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:52 | めぐみだより

2018年09月28日

曼珠沙華

曼珠沙華

読み方をご存知ですか!?「まんじゅしゃげ」!または「まんじゅしゃか」

別名 ヒガンバナと言えば、皆さんもピンとこられるのではないでしょうか?


昨日、息子を塾への送迎中に発見して、思わず車を降りてパチリ!

ヒガンバナは多年草で球根植物です。多年草とは、個体として複数年に渡って生存する植物のことだそうです。また、道端に群生し、9月中旬に赤い花を咲かせます!

ところで皆さんは、白や黄色の花を見かけたことはありませんか?実はあれ・・・色素形成異常でそのような色の花が咲くとのこと。

ヒガンバナは皆さんご存知のとおり、有毒植物で口に入れると吐き気や下痢・・・、ひどい場合は死に至ることもあるそうです。しかし、それとは逆に鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬で利尿、去痰作用があり毒成分の1つであるガランタミンはアルツハイマー型認知症の治療薬としても利用されているそうです!


こんなに集合して咲いていると本当にきれいでした。

20180918_192127.jpg


20180918_192156.jpg

慌ただしく過ぎる毎日ですが、皆さんもたまには空を見上げてみたり、足元を見てみたりと少し深呼吸をされてみてはいかがですか!?

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより