2019年11月27日

温泉

昨日、11月26日は、11(いい)26(ふろ)の日でしたね。最近は寒くなってきたので、さすがに暑がりの私もシャワーだけではなく、お風呂に入るようにしています。


昨夜も、ゆずの香りのバブを入れて湯船に肩までつかりました。やっぱり、風呂は気持ちいいですね。休みを取って温泉でも行きたいなぁと考えていた時、ふと私は今まで何ヵ所ぐらい温泉に行ったことがあるんだろうと思いました。うーん、少し思い出してみましょうか。人生50年、結構行っているのかなぁ。


さてさて、まずは九州の有名どころでは、別府、湯布院、指宿、嬉野温泉など、まあ順当ですね。それから熊本の阿蘇や水俣の湯ノ児温泉、長崎県壱岐の温泉、筑後川温泉、宝泉寺温泉ぐらいですかね。次にうーんと飛んで、新婚旅行で行った北海道の然別湖畔温泉など。あとはせいぜい福岡や久留米のスパリゾートなどと、思ったより少なかったです。おまけにほとんど家族旅行や社員旅行、仕事の出張、友人との旅行などで、残念ながら私が自発的に行った温泉は、ほとんどありませんでした・・・。でも当時の思い出がよみがえって、楽しいひと時でした。


そういえば、大事なことを忘れていました。私は子どもの頃、風呂でのぼせて以来、熱いお湯が苦手でした。温泉に行ってもあんまり長くは入りません。指宿の砂風呂も規定の時間より早く出てしまいました。(安全のため時間が決まっているんですよね。)


そう思えば、10ヵ所も行っているなんて、我ながらまずまずだなあと思いつつ、のぼせる前に風呂から上がりました。今後も温泉一人旅を夢見ながら、お風呂に温泉の素でも入れて楽しもうと思った「いい風呂の日」でした。


yjimage000.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:07 | めぐみだより

2019年11月26日

いい夫婦の日

みなさん、こんにちは。11月22日は、いい夫婦の日でしたね。私の部署も既婚者の人は、心なしか早く帰っていた気がします。そんな中、家に帰らずに当直していた人がいます。自称「愛妻家」のS田君です。(私にはどうしても、彼が恐妻家にしか見えませんが・・・。) (#^.^#)


私が「いい夫婦の日なのに、家に帰らんでいいと?大丈夫?」と聞くと、「愛があるから・・・、だから家に帰らなくていいんです。」と何故だか嬉しそうに答えます。帰らなくていいと言う時、S田君の顔が一瞬ニヤけるのを、私は見逃しませんでした・・・。 (o)


そんなS田君は、「亭主関白を夢見る会(別名:女房の尻に敷かれる会)」の副会長を務めています。

いつの日か亭主関白になれる日が来るのを待ち望んでいます。

頑張れ!フラリーマンS田君。 \(^o^)


          yjimage001.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:38 | めぐみだより

2019年11月25日

「フラリーマン日記 episode.25(軍人将棋編)」

この度、父親が高齢を理由に免許証を返納する事にし、坂が多い今の家を両親が引越す事になりましたので、先日、片付けの手伝いに行ってまいりました。


冬の青空の下、掘り出し物がないか熱心に作業(笑)をしていると、物置から何処か見覚えのある缶が出現しました。中に入っていたのは『軍人将棋』。

ブログ用2.jpg

世代、性別を問わず『軍人将棋』を知らない方は多いのではないでしょうか。

将棋といっても一般の将棋とは違い、超の付く程?マイナーなゲームです。

大まかには、大将や中将、タンクやスパイ等の駒があり、駒の強さと特性を活かして戦略を練り、敵の総司令部を占拠すると勝ちという、極めて軍事色の強い遊びです。

もちろん、竜王や名人などの八大タイトルはなく、軍人将棋の町道場などありません(笑)。

ブログ用.jpg

私が小学生の時に、一時期大流行した思い出の遊びです。


折角なので、子ども達と遊んでみようと持ち帰ると、妻より「何、持ってきているの!汚い、家に入れんで!」と大層嫌がられてしまい、「子どもが嫌だったら捨てるから。」と、何とか説得すると、蹴り2発とパンチ、ビンタと引き換えに持込み可になりました(痛)。


後日、長男と軍人将棋を指しましたが、「面白くなさそう・・・。」と、私が無理やり誘い、嫌々付き合うといった風でした。

長男は軍人将棋を見るのも初めてでしたが、元々ルールは難しくない(ローカル・ルールは有る様です)ゲームですので、1回指して大よそ指し方を覚えた様です。2回目から徐々に慣れてきて、長男から「面白い!」と言ってくれて、私は嬉しくなりました。「こんな将棋もあるんだね。また、したい!」と言ってくれて、もっと嬉しくなりました。


今はトイザ〇スに行っても、ボードゲームは隅っこにあり、人生ゲームに代表されるボードゲーム全盛期?の少年期を過ごした私と、海外とでも繋がるオンラインゲームが家庭で出来る現在の子どもとはゲームの世界において隔世の感があります。

今時こんな、ほんのり昭和を感じる遊びは喜ばないかも・・・と思っていましたが、逆にシンプルな所が新鮮で良かったらしく、長男のツボを突いた様でした。


最初は前々興味が無かったものでも、意外な所で関心を持つ事に出会う事がありますよね。今回は長男が、自分でやってみる事で「楽しい」「もっと知りたい」と思う時がある。を経験をした事で満足です。


私も痛い思いをした甲斐があった・・・と思います(笑)。 

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:33 | めぐみだより

2019年11月22日

安居の芋掘り

今月は、芋掘りがありました。寒さが厳しくなってきた中、一生懸命芋を掘る子どもたちに、元気をたくさんもらいました。

3.JPG


0.JPG

入居者様、皆さんにこにこ!!

いつも以上に、溢れんばかりの笑顔でした。

1.JPG


4.JPG


5.JPG

実は、この芋掘りには続きがありまして・・・。

6.JPG

11月21日に、皆でお芋を使ったお菓子作りをしました。

スイートポテトにホットケーキ!!

見も心も満たされた芋掘りでした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年11月21日

クリスマスプレゼント

今年もあと1カ月ちょっととなりました。

色んなお店では、クリスマスの飾りつけがされていたり、病棟活動でも、

12月に向けて、クリスマスにちなんだ飾りを作っています。


私には6歳の娘がいるのですが、今年も、サンタさんに手紙を書くと言って張り切って書いていました。今まで、ひらがなを練習していたのですが、「れ」「ね」「ぬ」は難しく、なかなか思うように書けませんでした。


今回、サンタさんに手紙を書くために、字を練習したいと娘から言い出し、

一生懸命練習していました。その甲斐もあり、何とか手紙を書くことが出来、サンタポストに投函しました。


さて、クリスマスプレゼントは無事に届くでしょうか。

今からクリスマスが待ち遠しいようです。


yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:25 | めぐみだより