2018年08月03日

かえると風鈴 A

さて、前回の続きです。境内の風鈴を眺めて、たくさん写真を撮り、満足した私は、次に「かえる」たちを見物することにしました。ここ如意輪寺には、約3,000体のかえるの置物やオブジェ、グッズなどがあるそうです。(一説には、5,000体とも言われています。多すぎて正確な数は、分からないのかも・・・。) (o)

P7210641.JPG


P7210661.JPG


P7210669.JPG

こんなにかえるが増えたのは、元々、ご住職が中国に旅行された際に、骨董品のかえるの置物を買って帰られたのが始まりだとか。それから徐々に増え始め、半分以上はご住職自身が集められたものだそうです。(残りは、寄贈されたものでしょうね。私もいいものがあったら、持っていって仲間入りさせたい気分です。)

今では、「かえる寺」として有名になり、参拝や見物客で大賑わいみたいです。


たくさんのかえるたちを見て回っていると、色んな形や素材のものがあり、また写実的な本物みたいなものからマンガチックなものまであって、何だか楽しくなりました。おやっ、かえる以外にも色んなものがあります。龍神様や七福神、不動明王、仁王像などなど。それから何故か「くまモン」までいましたよ。ちょっとしたテーマパークみたいです。 \(^o^)

P7210651.JPG


P7210668.JPG


P7210673.JPG


P7210680.JPG

色んなかえるたちを見て、最後にかえるの石像と握手をした後は、駐車場で巨大な五円玉(ご縁玉)に見送られて、家路に着きました。次回は、紅葉の頃に行きたいと思っています。

DSC_0418.JPG


P7210671.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:47 | めぐみだより

2018年08月02日

猫の島

今回は、最近話題の相ノ島についてご紹介させて頂きます。


相島(あいのしま)は、福岡県糟屋郡新宮町の新宮港から船で約20分万葉集・続古今集にも歌われた歴史のある島です。

世帯数約170世帯、人口約470名でありほとんどが漁業に従事しています。この島は玄武岩が海蝕されてつくる独特の海岸風景を創っており、朝鮮通信使として来日したシンユハンが 「海遊録」に「余が航海して以来、初めて見る神仙境である」と記しています。


相島は九州本土側(南側)のみに家があります。反対の北側は断崖絶壁となっており容易に近づけないですね。 ただ、穴観音のある所は崖を下りる道があります。


またこの島は猫の島としても有名で、島の至るところに猫が溢れ島民の生活の風景に溶け込んでいます。猫がこの島の観光資源となり、猫を見る為に県内外より観光客が訪れます。

1493455645775.jpg


1493455681033.jpg

私も度々相ノ島を訪れては、猫とふれあいます。

1493455643272.jpg


DSC_1415.JPG

この猫の生態系は非常に珍しいものらしく、NHKの「ダーウィンが来た!」という、ドキュメンタリー番組の長期取材の舞台ともなっています。


最近では島の中に食堂もでき、その日に取れた魚をフライにしたフィッシュバーガーも食べられるようです。


新宮漁港よりフェリーが出ていますので、お暇があればぜひ!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:22 | めぐみだより

2018年08月01日

かえると風鈴 @

先日、小郡にある如意輪寺(にょいりんじ)に行って来ました。境内にたくさんのかえるの置物があることで、「かえる寺」としても有名です。初めてだったので、かえるたちに会うのも楽しみでした、だがしかし、今回のお目当ては「風鈴」です。なぜなら、現在、如意輪寺では「風鈴まつり」が開催されているからです。 (^v^)


実際に現地に着いてみると、たくさんのかえるたちがいましたが、それに負けないぐらいたくさんの風鈴も迎えてくれていました。山門をくぐって、まず階段を登りますが、その両脇にもきれいな風鈴たちが吊るされています。

P7210640.JPG


P7210646.JPG


P7210647.JPG

境内に入ってみると、おおっ!すごい数の風鈴です。今までこんなに多くの風鈴は見た事ありません。(そもそも私は、風鈴自体あまり見ません・・・。)すごいなぁと思って見入っていると、すぐ側で若いお坊さんが、飾り付けの手直しをされていました。

P7210650.JPG


P7210656.JPG


P7210659.JPG

全部で何個ぐらいあるのですか?と尋ねると、「そうですねぇ。2,000・・・、2,300個ぐらいです。」、片付けが大変そうですねと言うと「先日の台風の時は、大変でした・・・。」とのこと。(ホント大変そう・・・。) (+o+)

こうやって私たちが楽しめるのは、陰でご苦労されている関係者の方々のお蔭ですね。本当にお蔭様です。<(_ _)>

P7210676.JPG


P7210675.JPG

ちなみに風鈴は、1個500円で売られていました。買って帰って、家で吊るしてチリンチリンと音が鳴り、風流でいいなあと思ったのですが、万が一、音がうるさいと近所迷惑にでもなったら・・・と思って止めました。(最近は、朝のラジオ体操にもクレームが来る事があるとか・・・。)何だか世知辛い世の中になったものです。


最後に、一つ一つは小さな風鈴でもあれだけ集まれば感動的です。十分堪能できました。しかし、せっかくですから、次回は「かえる」たちのご紹介もしたいと思います。 (続く)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年07月31日

「フラリーマン日記 episode 9 (トライアル アンド エラー)

先日の或るピーカン日、次男から「お父さん、セミ取りに行くから着いてきて」と言われ、我が家から徒歩1分程の公園に一緒に行ってきました。


昨年、長男と次男が二人で公園に行った帰り、次男が長男の制止するのも聞かず、ご近所さんが駐輪している大型バイクにまたがり、遊んでいる所を持ち主にみつかり、自分だけサッサと逃げて制止していた長男が代わりに怒られたという事件が有り、未だに何を仕出かすか分からない次男は一人での外出は禁止です。


セミ取りは順調で、採ってもすぐ逃がすので正確な数は分かりませんが、1時間で20匹以上は採れたでしょうか。 (私、見てただけ・・・)


それにしても、次男のセミ取りは上手くなったものです。

以前は、網にも入らず、運よく入ってもよく逃げられており、捕まえ方を教えようとすると「自分でするから、いい!」といって聞きませんでした。

何度も失敗している内にコツを掴んできたのでしょう、今では網はもちろん、手の届くところは全て素手で捕まえています(笑)

良くも悪くも人の言う事を聞かない所が有る次男ですが、トライアル アンド エラーの精神は旺盛で、この精神は大事にしてあげたいと思います。

ブログ用.JPG

さて、セミ取りも終わり、帰宅。

部屋に入った所、近くで「ジジ。」とセミの鳴き声が・・・。

あれ?と思い、振り返った所、背中から「ジジジ〜ッ。」バタバタバタ!と音と風を同時に感じました。

セミが部屋の中を飛んでおり、どうも私の背中にくっ付いてきた様子。

無事捕獲し、次男より遅れて私もセミ1匹Get。その後、丁重に放してやりました〜。


こんな背中にセミくっ付けて帰ってくる父親だから、息子が言う事を聞かないのかもしれませんね(笑)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:15 | めぐみだより

2018年07月30日

能古島

先日、暑さ厳しい中、外国人に人気の島へ夫婦2人で日帰り旅行に行ってきました。こんな風に言うと、どんな観光地かと思いますが、福岡市から船に乗り、20分位で行ける能古島へ行ってきました。港から花畑まではバスで移動でしたが、休日なので2回待ちでバスに乗る状況でした。

KIMG0504.JPG KIMG0509.JPG


いろんな世代、いろんな言葉の方々と一緒に乗り物に乗り、気持ちは海外旅行でした。

昔、島を訪れた時とすっかり様子は変わっていました。花畑は、マリーゴールドが一面に咲いていて、黄色い絨毯の様でした。食事は、焼肉を筆頭にいろんな定食があり、食べる事ができますが、私達はうどんで済ませました。

KIMG0512.JPG
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:26 | めぐみだより