2019年10月17日

31cm

「髪の毛がはやく伸びる人はね、ヘンタイなんだよ!Mちゃんのヘンタ〜イ。」

根拠が怪しすぎる都市伝説によって、子どもの頃の私はよくからかわれたものです。しかし、大人になった今、ようやく少しだけ役に立つことができました。私のヘンタイが。いや違う、髪の毛が(笑)


というわけで、少し前に髪の毛を寄付(ヘアドネーション)してきました。

へアドネーションとは、病気や事故などで髪の毛を失ってしまった子どもたちに、寄付された髪の毛で作った医療用かつらをプレゼントする活動のことです。少し前に、小学生の男の子が髪を寄付したことでも話題になりましたね。


今回わたしが送った団体、NPO法人ジャパンヘアドネーション&チャリティーの場合ですと、31cm以上の長さがある髪の毛の寄付を募っています。なぜ31cmかというと、かつら(以下ウィッグ)の作り方に理由が有るようです。

HPによると、「メッシュ状のウィッグネットに、髪の毛を半分ほどの長さで折り返すようにして一本一本結びつける製法を採用しています。これによって抜けを低減し、さらに頭皮への刺激を減らすことができるのです。この製法では、31cmの髪の毛は、およそ半分の長さ(15cm)のボブスタイルのウィッグに仕上がります」とあります。そのままの長さではないんですね。


ヘアドネーションに使える髪の毛の条件としては、

31cm以上の長さがあること

●カラー、パーマ、ブリーチヘア、くせ毛もすべてOK(もちろん白髪もOK、くせ毛の場合は軽く伸ばした状態で長さを測るそうです)

●完全に乾いていること、だそうです。


そうそう、いずれ人の手に渡ると思うと髪の手入れにも気合が入るものですね。ドライヤーをサボらなくなったり、ブラシを新調したり、最終的にはシルク製のナイトキャップまで買ってしまいまして。髪を大切にする習慣ができたのは思わぬ収穫でした。じゃあ伸ばした髪を切るのがもったいなく感じるかと思いきや、まったく未練は無く…。


わたしにとってロングヘアの良さは「貞子ごっこ」ができることくらいでしたので。貞子ごっことは、ホラー映画界の女王・貞子氏のように髪で顔を覆い隠し、家に遊びに来てくれた友人を四つんばいで追いかけておもてなしする遊びです。しかしながら、そろそろ年齢的にアウトな気がしておりましたから、ちょうど髪を切ることができて良かったと思います。

それでは最後に、最後の貞子ごっこの記念写真をひとつ。いや、やっぱり止めときます。ヘンタイが居る!と通報されそうなので…。


yjimage1ASFGVWD.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年10月16日

イルカショー

こんにちは。最近、朝晩は冷え、日中は暖かくすっかり秋になりましたね。


先日マリンワールドへ行きました。

ハロウィンの飾り付けがしてありとても賑やかで、子供たちも飾り付けを見てかわい〜とはしゃいでいました。

DSC_1879.JPG

お目当てはイルカショー。観覧席は最前列にしました。

近くで可愛く芸をするアシカやダイナミックに泳ぐイルカやクジラを見て、子供達は目を大きくし、凄い!!あんな風に泳いでみたい!!と大興奮。

最前列で見ていた為、イルカにたくさん水を掛けられました (^o^;)

DSC_1893.JPG

イルカショーのあとは館内を見て回りました。ヒトデを触ったり可愛いペンギンを見に行きました。

DSC_1916.JPG


DSC_1927.JPG

水族館のあとは志賀島へドライブ。

天気も良く、海がキラキラしていてとても綺麗でした。

DSC_1969.JPG

帰りの車内は、水族館の話で大盛り上がり。とても楽しい1日になりました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年10月15日

食欲の秋

10月になり、過ごしやすくなった今日この頃。

休日にファミリーで、古賀にある香林の園へ、お芋掘り、みかん狩りに行って来ました。子どもはまだ小さいため、芋掘りには興味を示さず、親が頑張って掘りました(笑)

なかなか大きくて甘いさつまいもがたくさん採れました。帰ってから焼き芋にして頂きました。


続いて、みかん狩りへ。風もなく、とても日差しが強く、とても暑く、温みかんになってましたが、採れたてみかんは、とても甘酸っぱくて美味しかったです。


何を食べても美味しいなぁ〜と思ってしまいますが、採れたての物はさらに美味しく感じますね。

こんな過ごしやすい時期がもう少し続いてくれたらいいのになぁ〜と正直思います。

!cid_B962F6FB8E4F57898DF7CB6DF6FCB5B7-00@decoMailer.jpg


attachment00.jpg


!cid_B962F6FB8E4F57898DF7CB6DF6FCB5B7-01@decoMailer.jpg


!cid_B962F6FB8E4F57898DF7CB6DF6FCB5B7-02@decoMailer.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年10月11日

仕事について

私が福岡聖恵病院に勤務してから、半年が経ちました。仕事の仲間と経験を積んで行く中で、利用者様一人ずつの好みも理解できてきました。まだ、先輩方みたいに上手くできないですが、だいぶやさしい対応ができるようになったと思います。それは皆様のおかげです。ありがとうございます。


時々、仕事がキツイと思うこともありましたが、興味を持っている仕事なので、楽しいことのほうが多いです。新しい発見をしながら、毎日楽しく過ごしています。


この仕事は、人間関係が大切です。利用者様と仲間と、時々利用者様のご家族とコミュニケーションをとっていますが、それが私のコミュニケーション能力をあげていく最善の方法だと思っています。日本にいるうちに、たくさん勉強したいことがあるので、その勉強をしながらコミュニケーション能力をあげて、自分の目的を実現できるよう頑張ります。


CIMG0565.JPG

ミャンマー技能実習生  ミコ シャイン

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年10月10日

” リンパドレナージスト ”のお仕事

聖恵ビハーラ(緩和ケア病棟)に看護師として勤務して2年が経過。

リンパドレナージストとは、主に癌疾患の症状緩和目的で入院している方の、手術後に生じたむくみ(リンパ浮腫)を軽減させて、QOL向上を支援する資格です。


初めて緩和ケア病棟に勤務した6年前、リンパドレナージストという資格の存在を知りました。リンパ浮腫で辛い思いをしている患者さんが多くいる現実を目の当たりにして資格を取得。乳癌の術後で、手術した乳房側の腕全体がリンパ浮腫で2倍にむくんだ患者さん。日々のマッサージでむくみが軽減しオシャレなブラウスが着られたことに喜ぶ女性。前立腺癌術後で、両下肢のリンパ浮腫で歩けなくなった男性患者さん。マッサージとバンテージ等で軽減し、念願だったトイレに歩いて行けるようになった。男性の笑顔は、生きていく希望にも感じられた。家族も共に喜びを感じられたそんな時、私も幸せを感じます。


マッサージ中、こんな楽しみがあります。両下肢を行う場合30分ほどの時間を要しますが、リラクゼーション効果で患者さんは会話が増えます。今までの人生のエピソードや家族への思いなど話されることがありますが、中には妻に感謝の言葉を伝えるきっかけになったことも。


看取り後の家族の生きる支えになればと思います。

聖恵ビハーラに飾られたコスモス、秋を感じます。

DSC02632.JPG


DSC02634.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより