2018年06月14日

防災訓練

6月3日(日)に、福岡県の防災訓練に参加してきました。当日朝、スタッフは病院の玄関に集合し、出発。スムーズに会場の駐車場に到着。

DSC_2804.JPG

参加される機関として消防、自衛隊、警察、病院関係、ライフライン(ガス、通信、電気関係)等々。私たち粕屋医師会は、緑のトリアージ(大怪我では無い方々が運ばれて来られる部署)。

実際の訓練が始まると緑のトリアージに何人かの方々が来られて、医師に診察依頼したり、処置を行ったりしました。

DSCPDC_0000_BURST20180603114747559.JPG


DSC_2809.JPG


DSCPDC_0002_BURST20180603113833019.JPG


1528005408637.jpg

大がかりの訓練でしたが、とても勉強になった体験でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年06月13日

日曜大工!?

!cid_163ecda55c86580a7561.jpg

タイトルと写真からも分かるように、先日、友達に誘われて日曜大工を体験してきました。


皆さんはホームセンターの片隅に、無料で自由に使える工作スペースがあることを知っていましたか?

私は用事がある時以外ホームセンターに行くことがないので、目から鱗の事実でした。

材料が足りなくなったらすぐに買えるし、木屑などが落ちることも気にならないし、クーラーの効いた場所で・・・良いことづくし。

ただ1つ、他のお客さんの目が気にはなりますが、作業に没頭していくにつれてどうでも良くなってきていました。


しかしながら、初めての日曜大工!

道具の使い方に慣れることから作業を始めた私達は、2〜3時間汗を流して頑張りましたが、完成出来ずに、結局家に持ち帰ってからも作業をすることになりました。

何を作ったかについては、ご想像にお任せします・・・。



でも「これが噂のDIYか〜。」と、ちょっとハマりそうな今日この頃です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年06月12日

入梅

皆さんこんにちは。食事療養室です。

昨日、6月11日は『入梅(にゅうばい・ついり・つゆいり)』でした。

入梅とは、梅の実が黄色く色づき梅雨に入ることを示すそうです。


聖恵ビハーラ(緩和ケア病棟)の昼食は、Y管理栄養士の計らいにより、

敷紙とメッセージカードを使用しての提供となりました。


メニューは、

・かに玉

・南瓜のツナ和え

・ワンタンスープ

・マンゴー

・牛乳、でした。

300612 写真1.JPG


300612 写真2.JPG 

特にかに玉は、旨味たっぷりで美味しく仕上がっており、患者様にもご好評頂けたとのことで良かったです。

食卓に季節を感じる演出をしてみるのも素敵ですね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:49 | めぐみだより

2018年06月11日

懐かしの場所

皆さん、こんにちは。

紫陽花が見頃になっている今日この頃ですが、先月大分県にある「くじゅう花公園」に行ってきました。小学校低学年くらいに家族で行った覚えがあり、花が綺麗に咲いている時期にまた行ってみたいと思い、出掛けてきました。


この日、午前中は小雨が降っていましたが、お昼から徐々に天気が回復し、到着してからはお花を楽しめる陽気になりました。


咲き始めたばかりのバラ。一面に咲いているのを観たいと思っていたネモフィラ。

バラ.jpg ネモフィラ@.jpg

色鮮やかでかわいいポピー。

ポピー@.jpg

11種類の春の花を寄せ植えしている花畑。

花畑.jpg

リビングストーンデージー(この花は日差しを浴びると花が開くようで、なんとか咲いていました)。一面のパンジー。

デージー.jpg


パンジー.jpg

約20年ぶりに行きましたが、行ったことがある場所でも久々に行ってみるのも、なかなかいいなと感じたひとときでした!!

お花が満開でとても癒やされました♪他のお花の時期にもまた、行ってみたいと思います(*^^*)

花公園A.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:12 | めぐみだより

2018年06月08日

「筑豊散策〜川渡り神幸祭〜@」

ちょっと前になりますが、5月19日に田川市のお祭り「川渡り神幸祭」へ行って来ました。お神輿や山笠が川の中に入って行く、あの有名なお祭りです。話には聞いていましたが、百聞は一見にしかずと、思い切って田川まで足を延ばして来ました。


自宅から田川市内までは、約一時間です。田川バイパスが開通したので、以前と比べると随分早くなりました。当日は、昼から天気も良くなり、快適なドライブでした。初めてだったので、市役所の臨時駐車場に車を停め、そこからシャトルバスに乗ってみました。


現地に着くと、商店街のある通りに、おおっ山笠らしきものが並んでいます。何だか、見た目カラフルでいい感じです。(五色のバレンというものだそうです。)また、町内ごとに山笠があるみたいで、新町や鉄砲町などの幟がついています。

@.JPG


A.JPG

ひとしきり見て回って写真を撮った後は、することもなくなり、手持無沙汰です。早く動かないかなあって思いながら見ていると、目の前にお神輿の集団がやって来たので、氏子の方に川に入る時刻を聞いてみました。「そうねぇ、3時過ぎって聞いてるけどね。」、「お神輿が先頭だから、これが行かないと山笠は動けないよ。」と教えてくれました。ああっ、折角だからやっぱり川に入るところが見たいなあと、後30分じっと待つことにしました。その後、幟山笠が並んでいる通りを少し進んで、風治八幡宮に行き参拝し、そこで神輿が動き出すのを待つことにしました。

B.JPG


C.JPG


D.JPG 

                                     (つづく)


「川渡り神幸祭」とは、田川市にある風治八幡宮のお祭りで、福岡県の五大祭りの1つであり、筑豊地域では、最大規模のお祭りです。風治八幡宮と白鳥神社の2基の神輿が氏子の地区の11基の幟山笠をお供に彦山川を渡ります。1日目はお下り、2日目はお上りといい2日間で行われます。由来は、永禄年間、地域に疫病が流行した際、氏神である風治八幡宮にその終息を祈願し、成就のお礼として奉納されたことに始まるもので、現在まで450年近くも続く歴史と伝統のあるお祭りです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより