2018年02月21日

無影樹

 当院の精神科デイケアは、「無影樹(むようじゅ)」と名付けられています。

 無影樹とは、禅語であり、影は人の分別知に根ざす無明や煩悩を意味します。

 太陽が樹の真上にある際、その影はありません。その如く、如来の光明によって照らされると人間の無明は消え失せ無心となり本来の自己の姿が発露する。その様を「無影樹」は表現しているとも考えます。

 つまり、無影樹とは、如来の光明に照らされて現出した真如、すなわち真理を意味したものとも解せます。


 仏教哲学の大斗、中山延二先生は、碧巌録十八則に出ている「無影樹下合同船」について、次のように述べてあります。


 『 無影樹下合同船とは我々の人生は皆等しくこの真理に包まれて、同じ乗合船に乗って、世の中を渡っているのであるが、其の真理を知っているものもあり、知らないものもあると言う意味を言ったものとなっている。「世の中は乗り合い船の仮り住い、よしあしともに名所旧蹟」(一休禅師)と言われるように悟ったものもあり、また「何ごとも思いもわかで世の中を明けぬ暮れぬと過しつるかな」(慈鎮和尚)というようなものもある。世はさまざまである。無影樹下合同船とはうがち得た表現である。』


 核開発競争の激化や、生命操作にまで科学が及んだ現代、千変万化流転極まりない無常の相対界(仮り住い、浮世)にあって、それを超え包む絶対界(無限、永遠、如来)に心を開くことが不安、焦躁に苛まれる我々の心の風通しを良くし、心に潤いを与える為に肝要であると信じてやみません。


 「火宅無常の世界は、万のこと皆もてそらごと・たわごと・真実あることなきに、ただ念仏のみぞ真実にておわします」(歎異鈔)


 IMG_3785.JPG

菩提樹


DSCF1257.JPG


DSCF1205.JPG

精神科デイケア「無影樹(むようじゅ)


玄関ホール観音様.JPG

聖観音菩薩

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月20日

春一番

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。2月上旬は雪が積もる日もありましたが、九州北部では「春一番」が吹き、梅のつぼみも開き始めているようですね。


先月デイケア光明では、めぐみの学び舎「テーマ:春の行事」でご利用者の皆さんと楽しく勉強をしました。その時、春に関してこんなクイズを出しました!


Q.「“春一番”とは、冬から春に移る時期に、初めて吹く暖かく南よりの強い風のことをいいますが『春二番』はあるでしょうか」










答えは・・・


あります!


「春一番に続く強い南風、もしくは4月4日ちょうど桜が満開の頃に吹く風を“春二番”と呼ぶそうです。」


このクイズで春二番があると答えた方は数名で、出題した甲斐があり、大いに盛り上がりました。(*^^*)

私は、つい昨日、友達から「今年、みんなでお花見行こう!!」と連絡があり、春が来るのが待ち遠しくて、もうワクワクしている今日この頃です♪


          お花見  イラスト.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月19日

デイケア光明のバレンタインデー

こんにちは、(^_^)

今日は、デイケア光明での活動の様子をご紹介します。

2月14日は、バレンタインデーだったので、みんなでチョコを

作ってみました〜♪


まず、チョコレートを割って溶けやすくします。

CIMG3819.JPG


湯煎でチョコレートを溶かしていきます。

CIMG3840.JPG


どんな形にしようかなぁ・・・??迷ったけど、○にしました (^O^)

CIMG3830.JPG


冷やして固めて完成で〜す。 ♬〜 誰にあげようかな〜??

CIMG3851.JPG


お父さんにあげよ。その前に・・・、ちょっとお味見・・・、おいし〜ぃ。

CIMG3858.JPG

皆さん、楽しそうに過ごされています。来られた際は、覗いてみてくださいね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月16日

バレンタイン

先日、妻が少し早いバレンタインにと近所のカフェでスイーツをご馳走してくれました。

久々のcafe!という事でチョット贅沢して、世間一般でいうインスタ映えをしそうなスイーツをあえて頼んでみました。


店側もそれを狙っているのでしょう、席の横には自撮り棒、その他撮影に使えそうな小物類が置いてありました。

パンケーキの6枚重ね(8枚も可だそうです)・・・人生初めてのインスタ映えを気にしての注文と撮影です。

皆さま、沢山の「いいね」をお願いします(笑)。


DCF00336.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月15日

紅一点

上弦の月清かな冬空の下、繰り広げられた我が家の愛猫「紅一点」を巡るお話です。
「私、この家では唯一の女の子「紅一点」でございます。昼間でも身が凍るような寒さ厳しき日の出来事をお話申し上げます。


昼下がり、つらつら窓辺で外を眺めておりますと、玄関の呼び鈴が鳴りましたので、覗いてみますと、家人が何やら立ち話をしております。私、先程窓から見た程よい高さの庭石にどうしても腰かけてみたい衝動を抑えきれず、これ幸いとそっと抜け出しました。ところが、存外の寒さに急速に気持ちが萎えて、数歩行ったところで踵を返したところ、なんと家人の姿はなく、無情にも扉は固く閉ざされているではありませんか。慌てふためきました。あの手この手で、私が外に居ることを家人に知らせようと試みましたが、日頃から注意散漫の家人。何をか況んやです。諦めました。


寄る辺ない不安を心に小さく折りたたんで仕舞い、野良さんに気付かれぬよう、寒風をしのげるよう、そして、犬にも優る聴力で家から漏れ聞こえる家人の声を聞いていたい、その一心で縁側の下にピタリと身を寄せて丸くなりました。走馬灯のように頭を巡るのは、この家に来てからの悲喜こもごもの日々ばかり。どれ程の時が過ぎた頃でしょう。私の名を呼ぶ家人達の声が耳に届いたのは。涙が零れました。しかし、寒さに耐え続けたせいか、身体がピクリとも動かず、返事すら出来ません。呼ぶ声は、近付いては遠去かりを幾度繰り返したことでしょう。後で分かりましたが、この日私が家を出てから十時間。猫時間では、人間のほぼ二日間でございますよ。灯りが私を照らし出し、家人に抱きかかえてもらった時の安堵感。今でも家人の肩越しに見えた夜半のお月さまの優しさと共に胸を温めてくれます。

image1.jpeg

現在は、すずやかな音色の鈴を新調してもらい、背伸び一つで家人に居場所を知らせることができます。もう二度と、と心に誓っては居るものの女心と何とやら。煩悩とは厄介なものです。
話を聞いて下さり有り難うございました。またお便り申し上げます。ごきげんよう。」


 

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより