2018年03月02日

「大川散策〜清力美術館〜」

先日、新聞記事で紹介されていた「豊福孝行遺作展」に行って来ました。

新聞に載っていた絵が、何となく気になって実物を見たくなったので・・・。

所は、大川市の大川市立清力美術館です。

清@.JPG

現地に着いたら、何だか美術館らしくない外観の、瀟洒な建物が迎えてくれました。歴史も感じさせるいい感じの建物です。絵よりも興味を惹かれそうになりましたが、写真を撮る前に、まずは中へ。受付を済ませて、飾られている油彩、水彩、版画やポートレートなどを見て回ります。全部で約100点あるそうで、見応えがありました。階段を登って2階に上がると、見たかった絵がありました。「パリ13区の眺望」です。実物は、こういう色使いなのか・・・などと思いつつ、係の人に許可を頂いたので、絵画や室内の様子をカメラに収めました。

清A.JPG


清B.JPG


清C.JPG

豊福孝行氏は、久留米市(北野町)出身の画家で、地元の明善高から東京芸大に進み、個展中心に作品を発表、作家活動の傍ら九州産業大などで後進の指導にも当たられたそうです。また、平成14年に脳出血で右半身麻痺になるも、筆を左手に持ち替えて、平成25年に78歳で亡くなるまで、描き続けたとのこと。(私は、利き腕でもうまく描けませんが・・・。)画家としても人間としてもすごい方ですねぇ。係の人に、「久留米には、青木繁や坂本繁二郎以外にもすごい画家がおられたんですね。」と言うと、「そんなにメジャーじゃないですよ。」と何故か謙遜されていました。 (o)

清D.JPG


清E.JPG

最後に清力美術館ですが、元々は明治41年に清力酒造株式会社の事務所として建てられたものだそうです。(どうりで美術館らしくないと思った・・・、でも素敵な建物です。)ヨーロッパ古典様式を取り入れた、白い外観とコバルトグリーンのインテリアを基調とした明治洋風作りが特徴の木造2階建てです。(美術に造詣が深かった初代社長のこだわりですね。)

清F.JPG

今回は、美術展に来たので、あまり建物の方は見られませんでしたが、機会があったら清力美術館自体(壁、屋根、柱、室内等)をじっくり見てみたいものだと思いつつ、家路に着きました。 (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年03月01日

運動

こんにちは、デイケア光明です。

今回は、デイケアでの運動の様子を紹介させて頂きますね。

デイケア光明では、ほとんどの方々が車椅子を利用されています。

歩行可能な方々も足腰は弱られていますので、活動の目的にはやはり「身体の機能を低下させない、又は維持していく。」ことも大事にしています。


「朝の会」では、リハビリ体操をしています。 !(^^)!

これは、目覚めを良くしていくような要素が含まれており、両手を合わせてこすったり、両肩や太ももを交差してトントンとリズムよく叩いたり、両手を前後左右に伸ばしたりです。


昼食後はラジオ体操の曲に合わせて、昔から聞きなじんだ音に合わせて手足を動かされています。 (^o^)丿

その後、引き続きスタッフが交代で前に立ち、「さあ〜今から、立ったり、座ったりの運動をしますよ。」と、アカペラ風で独特の抑揚を持ち、一度聴くと耳に残る不思議な心地良い響きの掛け声と共に、自席からの立位動作や車椅子の方々は移動バーに掴まったり、肋木の前だったり、又はスタッフの介助でと一生懸命に3分間汗をかきます。

終えた後の皆さんの表情からは、「頑張ったよ〜。」が伝わってきます!

(※これは、病院全で取り組みを推進しているものです。)

運動@.JPG


運動A.JPG


運動B.JPG


運動C.JPG

マンツーマンで介助が出来るようになって、トイレでの立位動作や入浴時の動作にも大いに生かされています。あるご利用者は、スタッフが「さあ〜立ちますヨ!」とお声掛けすると、ご自分で、いち〜♪、に〜さん〜♪、し〜ご〜♪と!立ち上がられています。

このように日々の微々たる積み重ねの中から、小さな「出来る!!」☆にご利用者と喜びを分かち合っています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月28日

ぜんざい

こんにちは!食事療養室です。

先日の昼食では、ぜんざいをお出ししました。

たくさんの患者様に喜んでもらえて良かったです。

来月にもぜんざいが出るので、楽しみにしていてください。

sweets_zenzai[1].png

ちなみにぜんざいの由来が気になり調べてみると、説が二通りあると言われ、1つ目は仏教用語である「善哉(ぜんざい・よきかな)」を由来とする説で、室町時代の禅僧 一休宗純(一休さん)が最初に食べたとされ、この食べ物の美味しさに「善哉」と叫んだ事から名称とされたそうです。

2つ目は出雲地方の神事「神在祭」で振る舞われた「神在餅」を由来とする説で、「神在餅」の「じんざい」が訛り、「ぜんざい」へと変化したと言われています。

 

由来はともあれ、美味しい事に変わりはありませんよね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月27日

チューリップ

まだまだ寒い日が続きますが、病棟では少しずつ春が近づいています。

昨年11月頃に植えたチューリップの球根が芽を出しました。

寒い中、頑張って成長してくれています。

何色の花が咲くでしょうか?楽しみですね。 (^v^)

DSCF5752.JPG


DSCF5753.JPG


私も自宅でチューリップを植えたのですが、

自宅のプランターは、全く芽を出す気配がありません・・・。 (T_T)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年02月26日

こんにちは、精神科デイケアです。

1月から2月にかけて例年より雪が多く、寒い日が続いています。

その寒い中でも、ご利用者は元気よくデイケアへ通所されています。


まだまだ寒い日は続きますが、ご利用者のぬり絵や切り絵の作品には情熱があり、暖かさが伝わってきます。

DSCF1827.JPG


DSCF1828.JPG


DSCF1829.JPG

皆さんも、流行しているインフルエンザに負けないようにお過ごしください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより