2017年11月24日

「グループホーム安居だより〜菊花展〜」

こんにちは、グループホーム安居です。先日、ご利用者様と一緒に、宗像大社の菊花展に行って来ました。


まずは、腹ごしらえです。うどん屋さんで各々お好みのうどんを注文。

いなり寿司も「おいしかねぇ!」 (^v^) 皆様、あっという間にペロリです。

01.JPG


02.JPG


03.JPG


さあ、次はお待ちかねの菊花展です。「菊の花、きれいかね〜。」たくさん展示されています。中には、早く次の花が見たくて、思わず急ぎ足になる方も・・・。皆様、大喜びです。

04.JPG


05.JPG


06.JPG

帰りは、ドライバーさんの心遣いで、津屋崎周りで海を見ながら帰路に着きました。マイクロバスの中では、秋の歌や海を歌って、大盛り上がりでした。



(おまけ)

天気の良い日は、緑豊かな安居の中庭で日光浴をしたり、屋内でも365歩のマーチ♪に合わせて廊下歩行を行い、機能維持に努めています。

07.JPG


08.JPG


09.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:35 | めぐみだより

2017年11月22日

久々の再会

先日、学生時代の友人が広島から帰ってきました。

約5年振りの再会でした。

ロンハーマンカフェにて、学生時代の懐かしい話をしたり、近況報告をしたりと楽しい時間を過ごしました。

IMG_20171119_140424.jpg

そして広島と言えば「もみじ饅頭」!!!

お土産でもらいました。

IMG_20171119_141555.jpg


久しぶりの友達との再会、楽しい時間を過ごせて良かったです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2017年11月21日

秋のドライブ

こんにちは 食事療養室です。

急に寒くなり、一気に冬になったようです。


先日の日曜日は、寒いけれどいいお天気。子供たちと福津周辺をドライブしました。

まずは、最近話題の宮地嶽神社へ行きました。

境内は七五三参りの家族連れでにぎわっていました。

ちょっと寒いけど、子供たちは落ち葉をふんだり、どんぐりを拾ったりと楽しんでいました。


神社内や周辺を散策した後は、福津海岸へ移動。

風が強くて寒い中、ウインドーサーフィンをしている人がたくさんいてびっくり。マリンスポーツは、冬でもできるんですね。

お天気がよく、海辺は空が広くてきれいでした。

IMG_8704.JPG


海岸沿いのレストランでランチをしました。

歩いた後でお腹はペコペコ、海風で冷えた体に温かい野菜の煮込みが嬉しかったです。

IMG_8696.JPG


寒くなると家にこもりがちになりますが、お天気のいい日は、外の空気を吸って体を動かすと気持ちがいいですね。食事もおいしく食べられます。

これから本格的な冬がやってきます。

寒いのは苦手ですが、この寒さは冬の食材をおいしくしてくれます。

しっかり食べて、元気に冬を楽しみたいものです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:23 | めぐみだより

2017年11月20日

「患者様のつぶやきから・・・」

テレビの報道番組を見た患者様が、「富士通も中国に取られたか・・・。」と言われた。富士通が中国の企業の傘下に入ったという報道であった。確かに最近そういう報道が多い。日産は仏ルノー傘下に、三洋は中国のハイアール傘下に、シャープは台湾企業に買収された。シャープは、会社の顔ともいうべき「亀山モデル」の液晶テレビの生産拠点を台湾に移した。東芝に至っては、買収した米ウェスティングハウスの巨額の負債が発覚し、原子力部門からの撤退、東証2部降格、主力部門であった半導体事業を手放すことを検討している。家電量販店にも変化がみられる。日本企業の独断場であった液晶テレビの売り場は、サムスンやLG等の韓国企業のスペースが広くなった。



街の風景も変貌を遂げている。商店街には閑古鳥が鳴き、大型商業施設には人が溢れ返っている。皆一様にスマホと睨めっこしている。昔の恋人がSNSしていれば、現状が簡単に分かるとテレビで言っていたが、笑えない話である。現代人は、何でも分かる便利なツールを手に入れた代償に、もう二度と会えなくなるとか知る事が出来ないと言った貴重な経験をする機会が減ったと思う。確かに、スマホは便利なツールである。共働きの家庭にとっては、子供の状況をいつでも確認できる貴重な存在であることは、間違いない。しかし、30年前は、共働きをしなくても父親の収入だけで、家族の生活を賄えている家庭が多かった。共働きの家庭は今より少なく、母親が家で家庭を守る事が出来た時代であったと思う。一億総中流と言われた時代、今のような貧富の差はなかった。親は子供と接する時間を今よりも作れる環境にあった。日本の有り様は、大きく変わったように思える。



便利な世の中にはなったが、現代人が30年前のように豊かだとは思えない。時代の変遷と言えばそれまでだが、余りにも悲しい変化である。30年前の日本人には、自分たちが世界をリードしているという気概や誇りがあったように思う。では、現在はどうだろう?患者様は言われる。「1960年代、私達も貧しかったけど、今より明るい時代だった。」と。現代を生きる私達も明るく誇りを持っていきたいな、と思う今日この頃である。


             昭和A.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:27 | めぐみだより

2017年11月17日

一歩一歩

私事ですが、1歳5ヶ月になる次男がやっと歩き出しました。

長男は1歳前に歩き出したので、なかなか歩こうとしない次男に「何かあるのでは?」と心配な日々でした。保育園に預けた時も、毎日大泣きで、慣れるのに人の倍時間がかかる等、かなりの人見知りの慎重派!そしてマイペースな子のようです。

でもその分、上手くいった時の喜びは私も、次男自身も人一倍です♪

1510808195509.jpg


日々忙しく時間が過ぎていきますが、患者様・ご家族一人一人の思いやペースに合わせ、一歩一歩ゆっくりと寄り添いながら歩んでいければいいなぁと思います。

1510808273343.jpg
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:54 | めぐみだより